袖を絞る(読み)ソデヲシボル

  • そで
  • を 絞(しぼ)る
  • 袖(そで)を絞(しぼ)・る

デジタル大辞泉の解説

涙でぬれたを絞る。ひどく涙を流すことにいう。
「墨染の―・りつつ、泣く泣く罷(まか)り出でられけり」〈平家・灌頂〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

涙でぬれた袖を絞る。ひどく悲しんで泣くさまにいう。
※後拾遺(1086)恋四・七七〇「契りきなかたみに袖をしぼりつつすゑの松山浪こさじとは〈清原元輔〉」
※保元(1220頃か)上「皆涙をながし、袖(ソデ)をしほらぬはなかりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android