袖を絞る(読み)ソデヲシボル

大辞林 第三版の解説

そでをしぼる【袖を絞る】

涙でぬれた袖を絞る。ひどく泣くさまをいう。 「契りきなかたみに-・りつつ/後拾遺 恋四

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そで【袖】 を 絞(しぼ)

涙でぬれた袖を絞る。ひどく悲しんで泣くさまにいう。
※後拾遺(1086)恋四・七七〇「契りきなかたみに袖をしぼりつつすゑの松山浪こさじとは〈清原元輔〉」
※保元(1220頃か)上「皆涙をながし、袖(ソデ)をしほらぬはなかりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android