絶対多数(読み)ゼッタイタスウ

デジタル大辞泉 「絶対多数」の意味・読み・例文・類語

ぜったい‐たすう【絶対多数】

議決などにおいて圧倒的多数であること。「与党絶対多数を占める」
相対多数に対して、過半数を占めることをいう。投票数の過半数をいう場合と、投票権者の過半数をいう場合がある。単純多数
[類語]ほとんど大部分大方大抵大半大多数九分通り十中八九九分九厘多く総じておおむね大概全般百般万般多数数多無数あまたあまねく通じてあらかたほぼおよそおおよそ大体総体大略押しなべて

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「絶対多数」の意味・読み・例文・類語

ぜったい‐たすう【絶対多数】

〘名〙 全体の中の圧倒的多くを占める数。多くは過半数をこえることにいう。
※原さんと安田翁(1927)〈永田秀次郎〉「故に絶対多数党を作る事が国家利益であると信じた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

焦土作戦

敵対的買収に対する防衛策のひとつ。買収対象となった企業が、重要な資産や事業部門を手放し、買収者にとっての成果を事前に減じ、魅力を失わせる方法である。侵入してきた外敵に武器や食料を与えないように、事前に...

焦土作戦の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android