繻子・朱子(読み)しゅす

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 絹織物の一種。織物の表面に経(たていと)だけか、緯(よこいと)だけを浮かせたもので、表面はなめらかでつやがある。経、緯に本絹の練糸を用いたものを本繻子といい、その他糸の種類によって、綿繻子、毛繻子、繻子羽二重などさまざまな種類がある。
※蔭凉軒日録‐永享一二年(1440)五月三日「繻子一段」
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)序「袖口の繻子(シュス)のぬめりに見ほれけん、すべりこんだる風の梅が香」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android