コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美津島[町] みつしま

百科事典マイペディアの解説

美津島[町]【みつしま】

長崎県下県(しもあがた)郡,対馬中部の旧町。浅茅(あそう)湾沿岸を占め,東の大船越と西の万関(まんぜき)瀬戸で対馬海峡と朝鮮海峡をつなぐ。出入に富む沈降海岸は壱岐(いき)対馬国定公園中屈指の景勝地。
→関連項目金田城

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みつしま【美津島[町]】

長崎県対馬の中南部に位置する下県(しもあがた)郡の町。人口8607(1995)。東部は対馬海峡(東水道)に面し,西部はリアス海湾の浅茅(あそう)湾を抱く。地形はほとんどが標高200m以下の丘陵性山地であるが,西部は白嶽(しらだけ)(515m)を最高峰とする山地が急傾斜をなして海に迫る。浅茅湾と対馬海峡(東水道)を結ぶ大船越瀬戸は1672年(寛文12)に,万関(まんぜき)瀬戸は1900年に開削されたもので,東西海域を結ぶ航路となっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

美津島[町]の関連キーワード壱岐対馬国定公園応永の外寇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android