コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職封 しきふ

5件 の用語解説(職封の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

職封
しきふ

令制における食封 (じきふ) の一つ。官職に対して支給された封戸。令では,太政大臣 3000戸,左右大臣 2000戸,大納言 800戸。慶雲2 (705) 年には中納言 200戸と規定されたが,『延喜式』では,中納言 400戸,参議 80戸となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しき‐ふ【封】

律令制で、高級官人に対してその官職に応じて支給された封戸(ふこ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

職封【しきふ】

封戸

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

しきふ【職封】

律令制で、食封じきふの一。官職に応じて与えられた封戸ふこ。大宝令では大納言以上、のちには参議以上に支給された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

職封
しきふ

律令制(りつりょうせい)下の封禄(ほうろく)の一つ。官職に応じて支給された食封(じきふ)。大宝(たいほう)令・養老(ようろう)令では太政(だいじょう)大臣3000戸、左・右大臣2000戸、大納言(だいなごん)800戸とする。しかるべき理由があって解官した場合、高齢による辞職の場合には半減され、本人が死亡した場合は返還した。令制以後は、705年(慶雲2)中納言の設置により、その職封を200戸と定め、771年(宝亀2)には藤原良継(よしつぐ)が内臣に任じられ、その職封1000戸を与えられている。また一時期大納言以上の職封が削減されたが、806年(大同1)に旧に復している。『延喜式(えんぎしき)』では、中納言の職封は400戸となっており、ほかに参議の職封80戸が規定されている。[吉岡眞之]
『高橋崇著『律令官人給与制の研究』(1970・吉川弘文館) ▽時野谷滋著『律令封禄制度史の研究』(1977・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の職封の言及

【封戸】より

…大宝令での封戸の規定は養老令のものとほぼ同じだとされているので,以下養老令文によってその大要をのべる。 封戸には皇親の品位によって支給されるもの(品封(ほんぷ)),役人の位階によって支給されるもの(位封(いふ)),職掌によるもの(職封(しきふ)),特別に天皇の命令で支給するもの(功封や別勅の賜封,増封など)があった。また寺への封戸(寺封)の支給は天皇の勅があった場合のみみとめられ,5年間に限って支給された。…

※「職封」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

職封の関連キーワード位封房戸文章道左弁官省印小斤奏任大斤三授磁気複屈折

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone