コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職封 しきふ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

職封
しきふ

令制における食封 (じきふ) の一つ。官職に対して支給された封戸。令では,太政大臣 3000戸,左右大臣 2000戸,大納言 800戸。慶雲2 (705) 年には中納言 200戸と規定されたが,『延喜式』では,中納言 400戸,参議 80戸となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

しきふ【職封】

律令制で、食封じきふの一。官職に応じて与えられた封戸ふこ。大宝令では大納言以上、のちには参議以上に支給された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

職封
しきふ

令制(りつりょうせい)下の封禄(ほうろく)の一つ。官職に応じて支給された食封(じきふ)。大宝(たいほう)令・養老(ようろう)令では太政(だいじょう)大臣3000戸、左・右大臣2000戸、大納言(だいなごん)800戸とする。しかるべき理由があって解官した場合、高齢による辞職の場合には半減され、本人が死亡した場合は返還した。令制以後は、705年(慶雲2)中納言の設置により、その職封を200戸と定め、771年(宝亀2)には藤原良継(よしつぐ)が内臣に任じられ、その職封1000戸を与えられている。また一時期大納言以上の職封が削減されたが、806年(大同1)に旧に復している。『延喜式(えんぎしき)』では、中納言の職封は400戸となっており、ほかに参議の職封80戸が規定されている。[吉岡眞之]
『高橋崇著『律令官人給与制の研究』(1970・吉川弘文館) ▽時野谷滋著『律令封禄制度史の研究』(1977・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の職封の言及

【封戸】より

…大宝令での封戸の規定は養老令のものとほぼ同じだとされているので,以下養老令文によってその大要をのべる。 封戸には皇親の品位によって支給されるもの(品封(ほんぷ)),役人の位階によって支給されるもの(位封(いふ)),職掌によるもの(職封(しきふ)),特別に天皇の命令で支給するもの(功封や別勅の賜封,増封など)があった。また寺への封戸(寺封)の支給は天皇の勅があった場合のみみとめられ,5年間に限って支給された。…

※「職封」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android