コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肯んずる ガエンズル

デジタル大辞泉の解説

がえん・ずる〔がへんずる〕【肯んずる】

[動サ変][文]がへん・ず[サ変]承諾する。聞き入れる。引き受ける。がえんじる。「頑として―・じない」
[補説]「かえ(肯)にす」の音変化、本来は承諾しないの。「に」に含まれている否定の意が忘れられて、肯定の意に意識されるようになったもの。「がえんじない」「がえんぜられない」など、打消しの語とともに用いられることが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がえんずる【肯んずる】

( 動サ変 ) [文] サ変 がへん・ず
〔「かえにす」の転。漢文訓読に由来する語〕
聞き入れる。承諾する。肯定する。 「医師の忠告を-・ぜず/ふらんす物語 荷風
かえにす(肯)」に同じ。 〔色葉字類抄〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

肯んずるの関連キーワード色葉字類抄漢文訓読

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android