コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

引(き)受ける ヒキウケル

デジタル大辞泉の解説

ひき‐う・ける【引(き)受ける】

[動カ下一][文]ひきう・く[カ下二]
自分が責任をもってその物事を受け持つ。「販売を一手に―・ける」「役員を―・ける」
あとを受け継ぐ。他に代わってする。「父から事業を―・ける」「あとは私が―・けた」
保証する。保証人となる。「留学生の身元を―・ける」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

引(き)受けるの関連キーワード財形給付金保険・財形給付金傷害保険ウンキャルスケレッシ条約輸出F.O.B.保険期間建貨物海上保険海上旅客運送契約生損保の相互参入トリップチャータ海上物品運送契約期間建運送保険X理論・Y理論再保険の交換日本信託銀行旅客運送契約森林火災保険同志の人々植村甲午郎危険の分散参加の文学危険の選択死への存在

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android