コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼田[町] うすだ

百科事典マイペディアの解説

臼田[町]【うすだ】

長野県東部,南佐久郡の旧町。中部の佐久盆地を北流する千曲川両岸市街が発達,左岸に佐久甲州街道,右岸小海(こうみ)線が通じる。米,花卉(かき),果樹を産し,薬用ニンジン,佐久ゴイを特産。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うすだ【臼田[町]】

長野県東部,南佐久郡の町。人口1万6178(1995)。佐久平の南端に位置し,蓼科(たてしな)山北東麓に東西に細長く広がる。中央を千曲川が北流し,その東岸をJR小海線,西岸を国道141号線が走る。中心集落の臼田は千曲川西岸にあり,佐久甲州街道沿いに市街を形成,南佐久郡の政治・経済の中心地として発達した。主産業は農業で,千曲川の沖積地では稲作,畜産,花卉栽培などが行われている。近年,畜産団地,リンゴ団地など農業の団地化が盛ん。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android