コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舞鶴[市] まいづる

百科事典マイペディアの解説

舞鶴[市]【まいづる】

京都府北部,舞鶴湾岸と周辺山地を占める市。1938年市制の舞鶴・東舞鶴両市が1943年合併。細川氏以来の城下町であった西舞鶴田辺),鎮守府や海軍工廠があり軍港として繁栄した東舞鶴,両者を結ぶ中舞鶴が中心市街を形成,小浜線,舞鶴線,北近畿タンゴ鉄道,舞鶴若狭自動車道が通じる。
→関連項目大内荘

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まいづる【舞鶴[市]】

京都府北部,若狭湾に面する市。1943年舞鶴市と東舞鶴市(ともに1938市制)が合体して成立。人口9万4784(1995)。北部中央に若狭湾西部の支湾舞鶴湾が湾入し,東・南・西の三方を山に囲まれる。市域西部を由良川が北流して宮津市境で若狭湾に注ぎ,北方海上には冠島(大島),沓(くつ)島(小島)が浮かぶ。舞鶴湾の湾奥は東西に分かれ,西湾奥に西舞鶴,東湾奥に東舞鶴の市街地がある。西舞鶴は古くは田辺とよばれ,16世紀末に細川藤孝が築城,のち京極氏,牧野氏に引き継がれ,田辺藩3万5000石の城下町として発展し,港町としても栄えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の舞鶴[市]の言及

【田辺】より

…港湾交通の要地。現在の京都府舞鶴市の西舞鶴地区にあたる。《和名抄》に加佐郡田辺郷がある。…

※「舞鶴[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

舞鶴[市]の関連キーワード若狭湾国定公園西国三十三所式内社

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android