虎ノ門事件(読み)とらノもんじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

虎ノ門事件
とらノもんじけん

1923年 12月 27日に第 48帝国通常議会の開院式へ向う摂政宮裕仁親王の車が虎ノ門外においてテロリスト難波大助に狙撃された事件。弾丸は車の窓を射抜き入江為守侍従長が顔に負傷した。難波はその場で捕えられた。難波は山口の名家に生れ当時 25歳,19年上京してのち,貧民窟の実情を見てテロリストとなり,一時共産主義に近づいたが,関東大震災の渦中で大杉栄ら社会主義者や在日朝鮮人が残忍な虐殺,迫害を受けるのをみ,報復テロを決意した。同事件の責任を負って山本権兵衛内閣総辞職,警視総監湯浅倉平,警視庁警務部長正力松太郎懲戒免職となった。難波に対する裁判は 24年 10月1日より大審院長横田秀雄を裁判長に開かれ,同年 11月 13日死刑を宣告された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

虎ノ門事件【とらのもんじけん】

難波大助による摂政裕仁親王(昭和天皇)狙撃(そげき)事件。1923年12月27日帝国議会の開院式に向かう途中狙撃されたが,弾丸はそれ,難波はその場で逮捕,翌年死刑。社会主義の影響を受けていた難波は,大逆事件甘粕(あまかす)事件などに憤激して天皇暗殺を計画。第2次山本権兵衛内閣は引責辞職。
→関連項目国本社正力松太郎大逆罪平沼騏一郎

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

とらのもんじけん【虎ノ門事件】

1923年(大正12)12月27日摂政宮裕仁親王が帝国議会開院式に向かう途中、虎門付近で無政府主義者難波なんば大助に狙撃された事件。山本権兵衛内閣は引責総辞職。難波はその場で逮捕、翌年処刑された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とらのもん‐じけん【虎ノ門事件】

大正一二年(一九二三)一二月二七日、摂政裕仁親王が第四八帝国議会開院式に向かう途中、虎ノ門付近で、無政府主義者難波大助に狙撃された事件。弾丸ははずれ、難波はその場で逮捕、翌年処刑された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android