コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観音塚古墳 かんのんづかこふん

2件 の用語解説(観音塚古墳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんのんづかこふん【観音塚古墳】

群馬県高崎市八幡町に所在する前方後円墳。南を碓氷川に,北を烏川に画された,高崎市西郊の低丘陵上にほぼ北西に面して築かれる。全長105m,後円部径70m,前方部幅105mをはかる。周濠をそなえた痕跡があり,また葺石(ふきいし),埴輪を有する。1945年,後円部で南に開口する横穴式石室が発見され,副葬品が出土した。石室は両袖式で,全長15.3mをはかる。副葬品には鏡,金環,銀釧(ぎんくしろ),承台付銅鋺(かなまり),銅鋺,刀,矛,銀弭(ぎんゆはず),鉄鏃,挂甲(けいこう),馬具,工具,須恵器などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

観音塚古墳
かんのんづかこふん

群馬県高崎市八幡(やわた)町にある7世紀初頭の前方後円墳。烏(からす)川と碓氷(うすい)川に挟まれて東西に延びる丘陵性台地に前方部を西面して占地している。墳丘は二段構築、全長105メートル、前方部幅105メートル、後円部径70メートル、前方部高さ14メートル、後円部高さ12メートルで、前方部が著しく発達した形状である。周囲には濠(ごう)を巡らした跡が凹地となって残っており、墳丘には葺石(ふきいし)があり、埴輪(はにわ)円筒列が巡らされ、埴輪人物、馬、家、器材類も認められる。後円部に巨石積みの両袖(りょうそで)型横穴式石室があり、全長15.3メートル、玄室長7.15メートル。副葬品には銅鏡、玉類、武器・武具類、馬具類、銅製容器類、須恵器(すえき)類があり、とくにそれらの金銅、銅製品に仏教の影響を強くうかがわせる優れた品が多い。1948年(昭和23)国の史跡に、出土品は60年国の重要文化財に指定された。[梅澤重昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

観音塚古墳の関連情報