コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二子山古墳

2件 の用語解説(二子山古墳の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

二子山古墳

埼玉(さきたま)古墳群の中央に位置する前方後円墳で6世紀初めに築造された。墳丘は全長138メートルで、武蔵国(現在の埼玉県、東京都、神奈川県の一部)では最大。1967年の発掘で内堀が確認された。築造当初は水のない「空堀」だったと考えられるが、68年、水をたたえた状態で復元された。内堀の埋め立ては、水による墳丘の浸食対策として行われ、来年度完了する予定。

(2013-10-02 朝日新聞 朝刊 埼玉全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ふたごやまこふん【二子山古墳】

前方後円墳の形は,しだいに前方部を大きくつくるように変化して,5世紀後半ごろには,ついに2丘を並置した外観を示すにいたった。後世,それにたいして,二子山二子塚,双子(ふたご)塚などの名称をあたえる風潮が生まれた。なかでも,二子山と呼ぶ古墳が関東地方にとくに多いのは,命名法の地域差によるものである。宇治二子山古墳(京都府),大須(おおず)二子山古墳(愛知県),総社(そうじや)二子山古墳(群馬県)などはとくに有名である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

二子山古墳の関連キーワード前方後方墳車塚双子塚後円部前方部茶臼山古墳仁徳陵馬山古墳群銚子塚古墳帆立貝式古墳

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二子山古墳の関連情報