コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

解す カイス

デジタル大辞泉の解説

かい・す【解す】

[動サ五]かい(解)する」(サ変)の五段化。「そんな意味に―・さないでもらいたい」
[可能]かいせる
[動サ変]かい(解)する」の文語形。

げ・す【解す】

[動サ五(四)]《「げ(解)す」(サ変)の五段化》1に同じ。「真意を―・しかねる」「なんとも―・しがたい話だ」
[可能]げせる
[動サ変]
納得する。理解する。
「書(ふみ)をよみても―・するあたわず」〈逍遥当世書生気質
毒物の効力を失わせる。
「毒を―・す」〈文明本節用集〉
ばらばらにする。ときほぐす。
「足に刀山(たうせん)踏む時は、剣樹ともに―・すとかや」〈謡・歌占
職をとく。解任する。
「勅勘を蒙(かうむ)り神職を―・せられて」〈太平記・一五〉
下級官庁から上級官庁へ、解(げ)を提出する。
「常陸(ひたち)の国の司、―・す」〈常陸風土記

ほぐ・す【解す】

[動サ五(四)]
結んだり縫ったりしてあるもの、また、もつれたものを、といて別々にする。ほどく。「古いセーターを―・す」「糸のもつれを―・す」
こりかたまっているものをやわらかくする。「肩のこりを―・す」「緊張を―・す」
食べ物のかたまっているものを細かに分けたり、かきまぜたりする。「魚の身を―・す」
[可能]ほぐせる

ほご・す【解す】

[動サ五(四)]ほぐす」に同じ。「もつれた糸を―・す」
[可能]ほごせる

ほつ・す【解す】

[動サ五(四)]《「ほづす」とも》とく。ほどく。ほぐす。
「磯風鬢(ぴん)を―・し吹く」〈露伴・日ぐらし物語〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かいす【解す】

( 動五 )
〔サ変動詞「解する」の五段化〕 「解する」に同じ。 「ユーモアを-・さない人」
[可能] かいせる
( 動サ変 )

げす【解す】

( 動五[四] )
〔サ変動詞「解す」の四段化〕 理解する。納得する。悟る。 「それは-・しかねる」 「そのやうに事を-・さねえぢやあ、唐人とはなしをするやうだ/滑稽本・浮世床 」 → げせるげせない
( 動サ変 )
理解する。納得する。悟る。 「媼が詞の顚末を-・すること能はざりき/即興詩人 鷗外
結び目などをといてばらばらにする。ときほぐして、効力などをとり除く。 「足に刀山とうせん踏む時は剣樹けんじゆ共に-・すとかや/謡曲・歌占」
責任・束縛などからとき放す。また、解任する。 「勅勘を蒙り神職を-・せられて/太平記 15
解状げじようを上級の役所に差し出す。上申する。 「注給はらんと欲するのみ。謹て-・す/貴嶺問答」

ほぐす【解す】

( 動五[四] )
もつれて固まった状態を、といてもとへもどす。結ばれたり織られたりしているものをさばいて分ける。 「魚の身を-・す」 「織り糸を-・す」 〔「ほぐれる」に対する他動詞〕
緊張・疲労・怒りなどを、おだやかな状態へもどす。 「気分を-・す」 「肩のこりを-・す」 → ほどく(補説欄)
[可能] ほぐせる

ほごす【解す】

( 動五[四] )
ほぐす 」に同じ。 「思ひ詰めた心を-・して/浮雲 四迷
[可能] ほごせる

ほつす【解す】

( 動五[四] )
ほぐす。ほどく。〔ヘボン 三版

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

解すの関連情報