護王神社(読み)ごおうじんじゃ

日本大百科全書(ニッポニカ)「護王神社」の解説

護王神社
ごおうじんじゃ

京都市上京(かみぎょう)区烏丸通(からすまどおり)下長者町に鎮座祭神和気清麻呂(わけのきよまろ)、和気広虫(ひろむし)で、藤原百川(ももかわ)、路豊永(みちのとよなが)を配祀(はいし)する。清麻呂は道鏡の野望を砕いたことで名高く、桓武(かんむ)天皇の信任が厚かった。初め高雄(たかお)山護寺に清麻呂の霊社を設けたが、1851年(嘉永4)孝明(こうめい)天皇より護王大明神の神、正一位の神階が宣下され、1874年(明治7)別格官幣社に列し、護王神社と称した。1886年、現在地に社殿を造営、遷座が行われ、広虫ほか2柱を配祀、1915年(大正4)広虫を主祭神に加えた。例祭(護王大祭)は4月4日。11月1日には特殊神事の亥子祭(いのこさい)が行われる。

[阪本是丸]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「護王神社」の解説

ごおう‐じんじゃ ゴワウ‥【護王神社】

京都市上京区桜鶴円町にある神社。旧別格官幣社。和気清麻呂との和気広虫ほか二柱をまつる。高雄山神護寺の境内にあった清麻呂の霊殿に対し嘉永四年(一八五一孝明天皇が護王大明神の号を下し、明治七年(一八七四)現名に改称。同一九年現在地に移転。子育ての神として知られる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「護王神社」の解説

護王神社【ごおうじんじゃ】

京都市上京区蛤(はまぐり)御門の西に鎮座。旧別格官幣社。和気清麻呂とその姉の広虫をまつる。1886年洛北高雄山から現地に遷祀。例祭は4月4日。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「護王神社」の解説

護王神社
ごおうじんじゃ

京都市上京区に鎮座。元別格官幣社。祭神は和気清麻呂,和気広虫。例祭4月4日。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「護王神社」の解説

ごおうじんじゃ【護王神社】

京都市上京区に鎮座。和気清麻呂と姉広虫を主神とし,藤原百川(ももかわ),路豊永を配祀する。清麻呂は藤原仲麻呂の乱平定,道鏡追放,平安遷都などでをあげたが,そのゆかり神護寺に,平安末期文覚(もんがく)がその霊社を建ててまつっていた。1851年(嘉永4)になり正一位護王大明神の神号が宣下され,さらに明治になり,74年護王神社と改称,別格官幣社となった。86年蛤御門近くの現在地に移し,同時に孤児養育などに励んだ広虫,また同時期に活躍した百川,豊永を配祀,のち1915年広虫を主神とした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる