豊竹若太夫(2世)(読み)とよたけわかたゆう[にせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊竹若太夫(2世)
とよたけわかたゆう[にせい]

[生]?
[没]天明4(1784)
義太夫節の太夫。通称平右衛門。2世竹本義太夫の門弟。前名竹本島太夫。寛延3 (1750) 年2世を襲名するが,のち島太夫に戻った。美声で知られ,『寺子屋』『廿四孝』などを得意とした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android