コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

責メ せめ

世界大百科事典 第2版の解説

せめ【責メ】

狂言の囃子事。地獄の鬼が亡者を六道の辻で待ちかまえ,地獄へ追い落とそうと責めたてる場面で演じる。笛が主奏し,大鼓,小鼓,太鼓が加わり,鬼の役は竹杖を持って演じ,はじめに〈いかに罪人,急げとこそ〉,途中に〈急げ急げ〉などのせりふが入る。《八尾(やお)》《朝比奈》《馬口労(ばくろう)》などの鬼狂言で用いるが,《瓜盗人》《鬮罪人(くじざいにん)》などでも祭りの余興の稽古(けいこ)という設定で演じられる。【羽田 昶】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の責メの言及

【働事】より

…〈立回リ〉は〈イロエ〉と同じように舞台上を静かに一巡するもので,《大会(だいえ)》のように太鼓の入るものと,《弱法師(よろぼし)》のように太鼓の入らないものがある。 狂言の働事には,笛,小鼓,大鼓,太鼓で奏する〈舞働〉〈責メ〉と,太鼓の入らない〈カケリ〉がある。〈舞働〉は能の舞働を模したもので,《毘沙門連歌》《夷大黒(えびすだいこく)》などの福神物と,《歌仙(かせん)》《菓争(このみあらそい)》などの大勢物に用いられる。…

※「責メ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

責メの関連情報