貴志川(読み)きしがわ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貴志川(川)
きしがわ

和歌山県北部を流れる紀ノ川最大の支流。高野山(こうやさん)弁天岳(984メートル)に発し、西流して紀美野(きみの)町で真国(まくに)川をあわせ、海南市東部で大きく湾曲して向きを北に転じ、岩出(いわで)市山崎で紀ノ川に合流する。延長39キロメートル。流路が北に転ずるのは亀(かめ)ノ川との河川争奪による。中流域は野上谷とよばれ、かつてはシュロ加工の地場産業が盛んであった。また、下流はモモの産地。支流野田原川には山田ダムがある。[小池洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

貴志川の関連情報