(読み)ショウ

  • しょう シャウ
  • しょう〔シヤウ〕
  • しょう・す シャウ‥
  • しょう・する シャウ‥
  • 漢字項目

デジタル大辞泉の解説

功績をあげた者に与える褒美。また、そのしるし金品。「を受ける」「ノーベル」⇔
[音]ショウ(シャウ)(呉)(漢) [訓]めでる ほめる
学習漢字]5年
功績・善行などをほめる。「賞賛賞辞賞揚激賞推賞嘆賞信賞必罰
功績・善行などに対して与えられる金品。ほうび。「賞金賞杯賞品賞与恩賞懸賞受賞授賞大賞特賞入賞副賞
すぐれた点を楽しみ味わう。「賞翫(しょうがん)賞味観賞鑑賞
[名のり]たか・たかし・よし

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 功績に対して与えられる褒美(ほうび)。賞与。
※三代実録‐元慶八年(884)六月五日「朕聞定策之勲自古先録。又賞不月」
※平家(13C前)四「保元の合戦の時、御方にて先をかけたりしかども、させる賞にもあづからず」 〔史記‐商君〕
〘他サ変〙 しゃう・す 〘他サ変〙 (「しょうずる」とも)
① 対象のもつ価値をほめる。もてはやす。賞賛する。また、目下の功績をたたえて褒賞する。
※大鏡(12C前)四「むねと射かへしたるものどもしるして、公家に奏せられたりしかば、みな賞せさせたまひき」
② 美しいものや趣のあるものを見て楽しむ。鑑賞する。
※中華若木詩抄(1520頃)中「花を賞してあそびしことも」
③ 中世の法律用語。ある事柄について、法律上の効力を認める。
※高野山文書‐建治二年(1276)六月五日・紀伊国阿氐河庄雑掌申状案「次於庄家押妨者、任傍例、賞知行、先可止地頭之妨由
〘他サ変〙 ⇒しょうする(賞)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

賞の関連情報