コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車借 しゃしゃく

6件 の用語解説(車借の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

車借
しゃしゃく

中世,荷車で物資輸送を業とした者。馬借が中世における主要な運送業者であるのに対し,補助的,副次的な運送業者であった。『庭訓往来』に「鳥羽白河車借」とあり,鳥羽-京都-坂本間で活動した車借が有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しゃ‐しゃく【車借】

中世、京都周辺で、荷車を用いて物資を輸送した運送業者。→馬借(ばしゃく)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

車借【しゃしゃく】

中世・近世の運送業者。〈くるまかし〉とも,車力(しゃりき)とも。荷車を牛に引かせて物資を運ぶ。厩(うまや)に属した牛飼の生業の一つであったと推定され,鳥羽殿・白河殿の厩や美豆(みず)牧に関わる鳥羽・白河,泉木津(現・木津川市)の車借や,清水(きよみず)寺に属した清水坂車借,北野(きたの)社の支配下にあった西京の車借などが知られ,主として畿内周辺の水上交通路を京・奈良に連結する道で活動した。
→関連項目清水坂宿・宿駅

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しゃしゃく【車借】

中世から近世にかけて活躍した運送業者。車力(しやりき),車方(くるまかた)とも呼ばれた。牛に車を引かせて物資を運んだために,道路の整備された都市近郊で発達した。初見史料は11世紀はじめに成立した《新猿楽記》の記事であるが,《東大寺文書》の中に残されている1104年(長治1)の料米下行切符が詳しい様子を伝えている。これによると同年6月20日付で〈泉水(木津)車力三両料〉として米9斗と〈泉水車借三人間食料〉として米3升が支払われており,1人あたり米3斗と間食料1升が給されたことが知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しゃしゃく【車借】

中世、牛馬のひく荷車を用いて物資の輸送にあたった運送業者。車力。 → 馬借

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

車借
しゃしゃく

中世に活躍した牛車(ぎっしゃ)を利用する輸送業者。「くるまがし」ともいう。『新猿楽記』には、越方部(おちかたべ)津五郎という人物が、東は大津・三津、西は淀渡(よどのわたし)・山崎の間で車借として活動していたとあり、すでに平安後期の京都周辺での車借の存在が知られる。さらに『庭訓往来(ていきんおうらい)』では車借の代表として鳥羽(とば)・白河(しらかわ)のものをあげている。車借は寺社に所属することが多く、室町期の北野神社社家の記録である『北野社家引付(ひきつけ)』によると、長享(ちょうきょう)3年(1489)に京都今小路・二条坊門烏丸(からすま)のものが同社に所属していた。山がちの日本では車借より馬借による運搬が主力であったが、近世に入っても、大津、京都、伏見(ふしみ)間では牛車が活躍していた。しかし18世紀に入ると牛車にかわって大八車が普及、発達するようになった。[鈴木敦子]
『豊田武他編『交通史』(『体系日本史叢書24』1970・山川出版社) ▽『中世の商人と交通』(『豊田武著作集 第3巻』1983・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の車借の言及

【清水坂】より

…平安時代初期の延暦年間(782‐806)に清水寺が創建されて以来,人々の信仰を集めたので,この坂も洛中からの参詣路として,やや南方にある五条坂や,北方の八坂方面から当坂に通じる三年坂(一名は産寧坂(さんねいざか))とともに,しだいににぎわうようになった。また,当坂は洛中より渋谷越(ごえ)で洛東の山科に通じ,それより南方の醍醐・宇治・奈良方面へ行く道筋につながり,あるいは北方の東海道にも合流する便利な路線に位置していたので,清水寺の門前一帯を中心として早くから交通の要衝となっていたらしく,おおよそ10世紀末ごろから11世紀にかけての時期には,すでに運輸を生業としていた車借(しやしやく)や,乞食(こつじき)や,坂非人(さかのひにん)たちが相当数ここに集住して,いわゆる宿(しゆく)を形成していたと推察されている。 平安時代の最末期より南北朝時代にかけて,当坂周辺の人口はめだって増えたようであるが,その多くは,やはり車借,乞食,坂非人たちであったらしい。…

【車】より

…政府はいく度か車載法という,車の荷重制限量の規定を出して規制を加えた。【館野 和己】
[日本中世]
 車は中世においても使用されることは比較的少なく,車力による輸送業者車借(しやしやく)あるいは借車の活動も,馬借に比べれば格段の低調である。室町初めの《庭訓往来》に,〈鳥羽・白河の車借〉とあるように,車借の活動は,おもに京都や奈良とその外港との間の短い区間に限られていたようである。…

※「車借」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

車借の関連キーワード御用絵師悪しい荒くもしい唐子髷郷村鉛銭石子詰猿楽四座シャンブルズ運送業者賠償責任保険

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

車借の関連情報