コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業経営基盤強化促進法(基盤強化法)

1件 の用語解説(農業経営基盤強化促進法(基盤強化法)の意味・用語解説を検索)

農林水産関係用語集の解説

農業経営基盤強化促進法(基盤強化法)

効率的かつ安定的な農業経営の育成を図るため、育成すべき農業経営の目標を明らかにし、その目標に向けて農業経営の改善を計画的に進めようとする農業者に対して、農用地の利用の集積及びこれらの農業者の経営管理の合理化、農業経営基盤の強化を促進するための措置を総合的に講じることを定めた法律。
[1]認定農業者制度、[2]市町村による農用地利用集積計画の作成、[3]農用地利用改善事業特定農業法人制度及び特定農業団体制度を含む。)、[4]農地保有合理化法人等を内容とする。(⇒効率的かつ安定的な農業経営、認定農業者、農用地利用改善事業、特定農業法人、特定農業団体、農地保有合理化法人)

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農業経営基盤強化促進法(基盤強化法)の関連キーワード食料・農業・農村基本計画効率的かつ安定的な農業経営認定農業者(制度)農業経営改善計画農業経営基盤強化促進基本構想(基本構想)農業経営の展望農業構造の展望農業所得農用地利用改善事業農業経営の大規模化

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone