コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業法人 ノウギョウホウジン

6件 の用語解説(農業法人の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のうぎょう‐ほうじん〔ノウゲフハフジン〕【農業法人】

法人組織によって行う農業経営体。租税対策または共同経営の一形態として、昭和37年(1962)法制化。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

農業法人

いしかわ農業人材機構によると、農業法人の数は2002年度は230だったが、12年度は404。大半は家族経営の1戸1法人と呼ばれる形態だが、複数の兼業農家による組織型法人も多い。法人化でブランド力を持つことで商品の信用性を得ることができるほか、法人として地域に認知されることで事業の規模拡大にもつながるという。県は、農業に関心の高い若手育成のため、農業経営などを学ぶ研修コースを開き、企業の要望に合わせて人材を紹介している。

(2013-08-27 朝日新聞 朝刊 石川全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

農業法人【のうぎょうほうじん】

農業を営む法人の総称。税金対策や共同化のために利用され,合名・合資・有限などの会社や農事組合法人がある。1962年農地法と農業協同組合法の改正により,一定の要件を備えるものは農業生産法人として農地の権利取得につき農地法の特例を認められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

のうぎょうほうじん【農業法人】

農業およびそれに付帯する事業を目的とする法人。農業は伝統的に農家の家族経営で営まれてきたが,高度成長期以降,農業にも多様な機械施設が導入され,これらの設備と農地の有効な利用をはかり,市場対応を行うために,共同経営の形成や生産過程の部分的な共同化をめざして,さまざまな農家の集団的組織が生まれた。また人を雇って企業的に展開する経営も現れた。これらの組織体が法人格をもつ必要性も認められ,1962年の農業協同組合法,農地法の改正が農業法人法制化の画期となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

のうぎょうほうじん【農業法人】

農業を営む法人。農地を所有する農業生産法人と、非土地利用型の養鶏などを行う一般農業法人がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農業法人
のうぎょうほうじん

農業事業体(農業経営を行う事業体)のうち、農業経営を主目的とする法人格所有の事業体。農業事業体には、農家、組合、会社、学校、国・地方公共団体など、農業経営を行うすべての事業体が含まれるが、このうち主目的が農業経営であって、かつ法人格を有する事業体のことをいう。このように、一般には、農業法人とは農業経営法人のことをさし、農業経営者が組織する農業組織法人(たとえば農協法に基づく1号農事組合法人など)を含めてはいない。
 1999年(平成11)、日本の農業法人の経営確立と発展を目途として、社団法人日本農業法人協会(前身は全国農業法人協会)が設立され、その傘下にある都道府県農業法人協会と連携して、活発な農業法人支援活動を開始した。
 わが国で農業法人が社会問題化したのは、1950年代後半、所得税軽減を目的に農家の一戸一法人化運動がおこったときである。当時、農用地を取得できる法人格所有の農業事業体について法制上の規定が明確でなかったため混乱を招いたが、1962年(昭和37)農業協同組合法の改正で農民の協同組合組織によって農業経営を行う農事組合法人(2号法人)と、農地法の改正で農用地を取得して農業経営を行う農業生産法人が、それぞれ認められることによって決着をみた。ここで、農地法に定める要件を満たすため、農用地を取得(購入・借入等)して農業経営を行うことができる農業法人を、農地法上とくに農業生産法人といっており、合名会社、合資会社、有限会社、農事組合法人、それに株式譲渡制限を行う株式会社が農業生産法人になれるとされている。なお、株式会社形態の農業生産法人は、2000年11月29日の農地法改正(2001年3月施行)によってようやく認められた。[武部 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農業法人の関連キーワード虚業家地頭職尽くめ無線局慈善会天候保険販売目的の事業体牧草地経営体その他の事業体農業生産関連事業

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

農業法人の関連情報