コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逃げる ニゲル

3件 の用語解説(逃げるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

に・げる【逃げる】

[動ガ下一][文]に・ぐ[ガ下二]
捕まらないように、追って来るものの力の及ばない所に身を置く。「犯人は盗難車で―・げたらしい」「一目散に―・げる」
自由のきかない所や危険から抜け出して、去る。「ライオンが檻(おり)から―・げる」「命からがら―・げる」
面倒なこと、いやなことから積極的に遠ざかろうとする。直面するのを回避する。「やっかいな仕事から―・げる」「―・げないで真っ向から勝負する」
運動競技で、首位を行く者が、後続する者に追いつかれないで勝つ。「先行したままゴールまで―・げる」
からだが望ましい構えから後方へ引いた状態になる。ひける。「腰が―・げている」
室内・容器の中の気体や味などが、そのまま保たれないで外へ出てしまう。「熱が―・げる」「土鍋はさめにくい上に風味も―・げない」
[用法]にげる・のがれる――「命からがら逃げる(のがれる)」のように、好ましくない事物から遠ざかる意の場合は相通じて用いられる。◇「逃げる」には、相手につかまらないように、またつかまっている場から抜け出して去る意がある。「警官の姿を見てスリは逃げた」「手錠のまま逃げた犯人」◇「のがれる」は「逃げる」の文章語であり、危険な状態や不快な思いから離れる意がある。「都会の騒音からのがれる」「危うく難をのがれる」◇「逃げる」「のがれる」はともに面倒なことにかかわらないで避けようとする意がある。どちらを使うかは慣用により固定しており、「責任をのがれる」「災いをのがれる」などと使う。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にげる【逃げる】

( 動下一 ) [文] ガ下二 に・ぐ
つかまらないように走って去る。 「 - ・げる犯人を追いかける」
危険な状態や具合の悪い状態から抜け出す。 「籠から小鳥が-・げる」 「鎖をひきちぎって犬が-・げる」 「太子已に-・げたりと思ひて備なし/日本書紀 履中訓
面倒なことに近づかないようにする。関係することを避ける。 「役員を-・げた」 「 - ・げては通れない問題」
スポーツなどで、先行を保って追いこされないようにする。 「二点リードしたまま-・げる」
正しい方向・状態からずれる。 「熱が-・げる」 「腰が-・げている」 〔「にがす」に対する自動詞〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

逃げるの関連情報