コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逃げる ニゲル

デジタル大辞泉の解説

に・げる【逃げる】

[動ガ下一][文]に・ぐ[ガ下二]
捕まらないように、追って来るものの力の及ばない所に身を置く。「犯人は盗難車で―・げたらしい」「一目散に―・げる」
自由のきかない所や危険から抜け出して、去る。「ライオンが檻(おり)から―・げる」「命からがら―・げる」
面倒なこと、いやなことから積極的に遠ざかろうとする。直面するのを回避する。「やっかいな仕事から―・げる」「―・げないで真っ向から勝負する」
運動競技で、首位を行く者が、後続する者に追いつかれないで勝つ。「先行したままゴールまで―・げる」
からだが望ましい構えから後方へ引いた状態になる。ひける。「腰が―・げている」
室内・容器の中の気体や味などが、そのまま保たれないで外へ出てしまう。「熱が―・げる」「土鍋はさめにくい上に風味も―・げない」
[用法]にげる・のがれる――「命からがら逃げる(のがれる)」のように、好ましくない事物から遠ざかるの場合は相通じて用いられる。◇「逃げる」には、相手につかまらないように、またつかまっている場から抜け出して去る意がある。「警官の姿を見てスリは逃げた」「手錠のまま逃げた犯人」◇「のがれる」は「逃げる」の文章語であり、危険な状態や不快な思いから離れる意がある。「都会の騒音からのがれる」「危うく難をのがれる」◇「逃げる」「のがれる」はともに面倒なことにかかわらないで避けようとする意がある。どちらを使うかは慣用により固定しており、「責任をのがれる」「災いをのがれる」などと使う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

逃げる

米国の作家エド・マクベインの短編集(2000)。原題《Running from Legs and Other Stories》。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

にげる【逃げる】

( 動下一 ) [文] ガ下二 に・ぐ
つかまらないように走って去る。 「 - ・げる犯人を追いかける」
危険な状態や具合の悪い状態から抜け出す。 「籠から小鳥が-・げる」 「鎖をひきちぎって犬が-・げる」 「太子已に-・げたりと思ひて備なし/日本書紀 履中訓
面倒なことに近づかないようにする。関係することを避ける。 「役員を-・げた」 「 - ・げては通れない問題」
スポーツなどで、先行を保って追いこされないようにする。 「二点リードしたまま-・げる」
正しい方向・状態からずれる。 「熱が-・げる」 「腰が-・げている」 〔「にがす」に対する自動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

逃げるの関連キーワード三十六計逃げるに如かず敵に後ろを見せる逃げ支度・逃支度尻に帆を掛けるすたこらさっさ逃げ足を踏む後ろを見せるバックレる脱兎の勢いばっくれる喧嘩を売る風を食らう引っ手繰り如くはなし引きちぎる逃げを打つ背を向ける引っ手繰る突飛ばす散り散り

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

逃げるの関連情報