コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

違う タガウ

デジタル大辞泉の解説

たが・う〔たがふ〕【違う】

[動ワ五(ハ四)]
相違する。一致しない。ちがう。「寸分―・わない」
ある基準からはずれる。また、従わない。そむく。「予想に―・わぬ結果」「神の教えに―・う」
[動ハ下二]たがえる」の文語形

ちが・う〔ちがふ〕【違う】

[動ワ五(ハ四)]

㋐比べてみて同じでない状態を呈する。相違する。異なる。「見方が―・う」「習慣が―・う」「―・った角度から見る」
㋑両者の間に隔たりがある。差がある。また、他と異なってまさっている。「親子ほども年が―・う」「格が―・う」「おつむの出来が―・う」
前に考えていたことや取り決めたことが現実のそれと同じでない。「話が―・う」「約束と―・う」
基準となるもの、正しいものと一致しない状態である。まちがっている。「計算が―・う」「答えが―・っている」「『もしもし市役所ですか』『いいえ、―・います』」
本来の位置からずれたり、正常でない状態になったりする。「足の筋が―・った」「気が―・う」
(動詞の連用形に付いて)すれちがう、交差する、の意を表す。「出迎えと行き―・う」「すれ―・う」
顔を合わせないようにする。
「木曽に―・はんと、丹波路にさしかかって播磨の国へ下る」〈平家・八〉
[動ハ下二]ちがえる」の文語形。
[用法]ちがう・ことなる――「考え方がそれぞれ違う(異なる)人の集まり」「事実と違う(異なる)報道」など、同じではないの意では相通じて用いられる。◇「異なる」は比べてみて同じでないことを表すにとどまるが、「違う」は「約束が違う」「答えが違う」「気が違う」など、あるべきこと・状態から外れることをも言う。「格が違う」「性能が違う」など、一定の水準から隔たりがある場合にも使われる。◇「異なる」は、「異なる二点を通る直線は一本のみである」など、数学用語で用いるほか、「記載の金額と現金内容の異なる場合」など文章語的である。◇類似の語に「相違する」がある。「事実と相違する」などでは相通じて用いられるが、「案に相違する」は「相違する」だけの用法。
[下接句]勝手が違う・気が違う・口と腹とは違う桁(けた)が違う筋が違う

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たがう【違う】

( 動五[四] )
相違する。一致しない。くいちがう。 「事志と-・う」 「案に-・わず」 「なき人の御ほい-・はむがあはれなること/源氏 蓬生
背反する。そむく。 「人の道に-・う行為」 「汝いましを頼み母に-・ひぬ/万葉集 3359
変わる。通常の状態でなくなる。 「いかでかは御色も-・ひてきららかにおはする人とも覚えず/大鏡 道兼」 〔「たがえる」に対する自動詞〕
( 動下二 )

ちがう【違う】

( 動五[四] )
二つの事物が一致しない。異なる。差がある。 「色の-・う二枚の折り紙」 「英語と日本語では語順が-・う」 「年が-・いすぎます」
それとは別のものである。異なったものである。 「いつもと-・う背広」 「注文と-・う品が届く」 「昨日と-・って今日はいい天気だ」
正常な状態からずれる。 「首の筋が-・った」 「気が-・う」
正しいとされるものや基準となるものと合っていない。 「答えが-・っている」 「字が-・う」
約束などが守られない。 「それでは話が-・うじゃないか」 「筈ガ-・ウ/日葡」
反対方向から来たものが、ぶつからないで交差する。 「行き-・う」 「すれ-・う」 「足の下に鵜飼ひ-・ふ/蜻蛉
入れ違いになるようにする。 「とかく-・ひて能登殿にはくまれず/平家 11」 〔「たがう」の転か。「違える」に対する自動詞〕 → 異なる(補説欄)
( 動下二 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

違うの関連キーワード付け所・着け所・付所・着所バリエーションルート太鼓も桴の当たりよう所変われば品変わる読み違い・読違いそんじょ其処ら目先を変える木に竹を接ぐ当てが外れる構造異性体目の付け所国際結婚片し目貫同名異人権実不二好き好き宗旨違い思惑違い各人各説歩み寄り

今日のキーワード

けものフレンズ

「けものフレンズプロジェクト」が展開するメディアミックス作品。略称は「けもフレ」。プロジェクト参画企業は株式会社ファミマ・ドット・コム、株式会社テレビ東京、株式会社KADOKAWAなど。マンガ家の吉崎...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

違うの関連情報