コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

違える(読み)タガエル

デジタル大辞泉の解説

たが・える〔たがへる〕【違える】

[動ア下一][文]たが・ふ[ハ下二]
一致しないようにする。くいちがわせる。「順序を―・える」「方針を―・える」
すでに決まったことに従わないようにする。そむく。「約束を―・える」
判断や行動を誤る。まちがえる。「計算を―・える」「道を―・える」
方違(かたたが)えをする。
「いづくにか―・へむ」〈・帚木〉

ちが・える〔ちがへる〕【違える】

[動ア下一][文]ちが・ふ[ハ下二]
ちがうようにする。ちがわせる。「最初の予定と針路を―・える」
誤る。まちがえる。「字を―・えて書く」「集合時間を―・える」「電車に乗り―・える」
そむく。反する。守らない。たがえる。「約束を―・える」「日限を―・える」
交差させる。「たすきに―・えて結ぶ」
筋や関節などが、正常な位置からはずれる、また、はずす。「首筋を―・える」「寝(ね)―・える」
夢ちがえをする。
「みし夢を―・へわびぬる秋の夜ぞねがたきものとおもひしりぬる」〈かげろふ・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たがえる【違える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 たが・ふ
一致しないようにする。くいちがわせる。 「彼とは道を-・えることになった」
背くようにする。 「約束を-・える」 「かの遺言を-・へじ/源氏 桐壺
方違かたたがえをする。 「二条院にも同じすぢにていづくにか-・へむ/源氏 帚木
まちがえる。 「所-・へてけり/蜻蛉 」 〔「たがう」に対する他動詞〕

ちがえる【違える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 ちが・ふ
一致しないようにする。変える。 「クラスごとに帽子の色を-・える」
判断や行動を誤る。まちがえる。 「どうも日を-・えたようだ」 「道を-・えたらしい」 「見通しを-・えてしまった」
筋肉をねじるなどして痛める。 「足の筋を-・える」
交わらせる。交差させる。 「上下よりたすきに-・へて/徒然 208
夢違えをする。 「(夢ヲ)-・ふるわざもがなとて/蜻蛉 」 〔「たがえる」の転か。「違う」に対する他動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

違えるの関連情報