コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸化カルシウム さんかカルシウム calcium oxide

7件 の用語解説(酸化カルシウムの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸化カルシウム
さんかカルシウム
calcium oxide

化学式 CaO 。石灰,生石灰ともいう。工業的には石灰岩を加熱して製造。通常白色ないし灰白色で,塊状または粒状の物質。融点 2572℃,沸点 2850℃,比重約 3.2。空気中では容易に水と二酸化炭素を吸収する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんか‐カルシウム〔サンクワ‐〕【酸化カルシウム】

カルシウムの酸化物。石灰石を焼いて作る。水を注ぐと多量の熱を発生して水酸化カルシウム消石灰)となる。漆喰(しっくい)モルタルに使用。また消石灰カーバイドなどの製造原料。化学式CaO 生石灰(せいせっかい)。石灰。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

酸化カルシウム【さんかカルシウム】

化学式はCaO。融点2572℃,沸点2850℃。生石灰とも。無色の粉末。空気中では水分と炭酸ガスを吸収して炭酸カルシウムとなる。また水と作用すると高熱を発して水酸化カルシウム(消石灰)となる。
→関連項目石灰石灰肥料耐火物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

酸化カルシウム

 CaO (mw56.08).生石灰ともいう.水と反応すると水酸化カルシウム(Ca(OH)2)となり,アルカリ性を示す.土壌の酸の中和その他,工業用など広い用途がある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さんかカルシウム【酸化カルシウム calcium oxide】

化学式CaO。生石灰quick limeともいう。水酸化カルシウム硝酸カルシウムシュウ酸カルシウムなどを強熱して得られ,工業的には石灰石(炭酸カルシウム)を900~1000℃に熱して製造される。白色の結晶性粉末で,Ca2+とO2-とがNaCl型の格子を作っているイオン性化合物である。融点(2572℃),沸点(2850℃)がきわめて高く,比重3.37。水と反応すると強く発熱し,水酸化カルシウムCa(OH)2(消石灰)に変化する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんかカルシウム【酸化カルシウム】

石灰石など炭酸カルシウムの熱分解により生成する塩基性酸化物で、白色の固体または粉末。化学式 CaO 水を注ぐと激しく反応して多量の熱を発生し、水酸化カルシウム(消石灰)を生ずる。漆喰しつくいやモルタル、またカルシウムカーバイドの原料となる。生せい石灰。煆製かせい石灰。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酸化カルシウム
さんかかるしうむ
calcium oxide

カルシウムと酸素の化合物。生石灰(せいせっかい)ともいう。天然の石灰石や炭酸カルシウムを約900℃以上で熱分解すると得られる。
  CaCO3―→CaO+CO2
 現在工業的にはほとんど重油を燃料とした立炉や回転炉が用いられる。低温で焼成したものは白色無定形の固体であるが、焼成温度が高くなると結晶性はよくなる。融解液から大きな結晶が得られる。Ca2+イオンとO2-イオンが塩化ナトリウム型の格子をつくっている。格子定数a=4.80Å、結合間隔Ca-O=2.40Å。無定形のものはきわめて活性で、水とは高熱を発して反応し、水酸化カルシウム(消石灰)となる。これを消和slakingという。
  CaO+H2O=Ca(OH)2+15.2kcal
 また、二酸化炭素と反応して炭酸カルシウムを与える。融点の高いことから、溶鉱炉の内張りに用いられる。さらし粉、カーバイド、セメント、ガラスなどの原料となるほか、石灰肥料、土質安定剤、消毒剤、乾燥剤などとして多方面に使われている。[鳥居泰男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酸化カルシウムの関連キーワード水酸化カルシウム生石灰石灰石灰窯風化石灰Quick & Rich山形県酒田市生石quick lime生石灰パイル工法菱光石灰工業

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

酸化カルシウムの関連情報