コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金剛右京(2) こんごう うきょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金剛右京(2) こんごう-うきょう

1872-1936 明治-昭和時代前期の能楽師シテ方。
明治5年10月21日生まれ。金剛流宗家22代金剛泰一郎の長男。父の死により16歳で23代をつぐ。金剛謹之輔らにまなび,流儀の特色である奇抜な型や早業にすぐれた。昭和11年3月27日死去。65歳。遺言で金剛家は一時絶家となったが,昭和12年謹之輔の子巌(いわお)が新宗家を創始した。東京出身。幼名鈴之助。本名は氏慧(うじやす)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android