コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

釜石[市] かまいし

2件 の用語解説(釜石[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

釜石[市]【かまいし】

岩手県東部の市。1937年市制。三陸海岸釜石湾に臨み市街が発達,釜石線が通じる。市街西方に鉄鉱床があり,1829年採掘開始,維新後明治政府が鉱山を官営として製鉄所を設置,1887年ごろから製錬を行ったのが釜石製鉄所の起りである。
→関連項目企業城下町

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かまいし【釜石[市]】

岩手県東部,太平洋岸の釜石湾に臨む市。1937年市制,55年甲子(かつし),鵜住居(うのずまい),栗橋,唐丹の4村と合体。人口4万9447(1995)。18世紀初め釜石鉱山が発見され,1857年(安政4)南部藩士大島高任(たかとう)が洋式高炉を大橋に建設,日本で最初の近代製鉄法による鉱石精錬に成功し近代製鉄発祥の地となった。1874年官営釜石製鉄所が鈴子(新日鉄釜石製鉄所のある場所)に設けられて以来,製鉄の都市として急速に発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

釜石[市]の関連キーワード北上高地シアトルプンタレナス岩手釜石茅ヶ崎西宮陸前高田鵜の巣断崖釜石湾

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone