釜石[市](読み)かまいし

百科事典マイペディアの解説

釜石[市]【かまいし】

岩手県東部の市。1937年市制。三陸海岸釜石湾に臨み市街が発達,釜石線が通じる。市街西方に鉄鉱床があり,1829年採掘開始,維新後明治政府が鉱山を官営として製鉄所を設置,1887年ごろから製錬を行ったのが釜石製鉄所の起りである。1934年以後日本製鉄が経営,1950年以降富士製鉄,1970年以降新日本製鐵に所属。1963年以降,製鉄所の相次ぐ合理化により人口は激減した。1993年3月日本唯一の鉄鉱石鉱山だった釜石鉱山は,終掘となった。三陸沖漁場とリアス式海岸に恵まれて三陸沿岸漁業の中心基地となり,製氷,缶詰工業も盛ん。三貫島が浮かび,海岸は三陸復興国立公園に属する。日本で現存する最古の洋式高炉跡である橋野高炉跡(史跡),鉄の歴史館,南西にサル,シカ,カモシカの生息する1351mの五葉山(天然記念物)がある。東日本大震災で,市内において被害が発生。440.34km2。3万9574人(2010)。
→関連項目企業城下町

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かまいし【釜石[市]】

岩手県東部,太平洋岸の釜石湾に臨む市。1937年市制,55年甲子(かつし),鵜住居(うのずまい),栗橋,唐丹の4村と合体。人口4万9447(1995)。18世紀初め釜石鉱山が発見され,1857年(安政4)南部藩士大島高任(たかとう)が洋式高炉を大橋に建設,日本で最初の近代製鉄法による鉱石精錬に成功し近代製鉄発祥の地となった。1874年官営釜石製鉄所が鈴子(新日鉄釜石製鉄所のある場所)に設けられて以来,製鉄の都市として急速に発展した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報