長禄・寛正の飢饉(読み)ちょうろくかんしょうのききん

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうろくかんしょうのききん【長禄・寛正の飢饉】

1459年(長禄3)に始まり61年(寛正2)まで続いた全国的飢饉。59年春夏の干ばつと9月10日の畿内への台風により,翌年にかけて畿内周辺から西日本一帯の飢饉となった。関東の争乱のため東国からの物資輸送が絶えたことや,翌年4月の大雨洪水によるへの打撃もこれに加わった。60年の米も春から初夏の干ばつ,5月以降の長雨水害低温蝗害などで全国的に大凶作となり,河内紀伊越中越前では兵乱による荒廃も加わった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android