コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長禄・寛正の飢饉 ちょうろくかんしょうのききん

1件 の用語解説(長禄・寛正の飢饉の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうろくかんしょうのききん【長禄・寛正の飢饉】

1459年(長禄3)に始まり61年(寛正2)まで続いた全国的飢饉。59年春夏の干ばつと9月10日の畿内への台風により,翌年にかけて畿内周辺から西日本一帯の飢饉となった。関東の争乱のため東国からの物資輸送が絶えたことや,翌年4月の大雨洪水による麦への打撃もこれに加わった。60年の米も春から初夏の干ばつ,5月以降の長雨,水害,低温,蝗害などで全国的に大凶作となり,河内,紀伊,越中,越前では兵乱による荒廃も加わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

長禄・寛正の飢饉の関連キーワード久我豊通寛正午砲専照寺大乗会長禄始まり脾静脈神戸空襲卜部春久

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone