コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開ける ハダケル

4件 の用語解説(開けるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はだ・ける【開ける】

[動カ下一][文]はだ・く[カ下二]
手や足を大きく広げる。また、目・口などを大きくあける。
「指の股を思い存分―・けた両手で」〈有島・星座〉
衣服の前などを広げる。「胸を―・ける」
「火鉢の炭を―・けて」〈風葉青春
衣服の前などが乱れてひらく。はだかる。「裾が―・ける」

ひら・ける【開ける】

[動カ下一][文]ひら・く[カ下二]
狭い状態から広い状態になる。「バイパスにはいると急に道が―・ける」
(「展ける」とも書く)遮るものがなく広く見渡せるようになる。「眺望が―・ける」
文明・人知などが進む。「―・けた国」
人が多く住むようになってにぎやかになる。「工場の移転で急速に―・けた地域」
よいほうへ向かう。先の見通しが明るくなる。「運命が―・ける」
人情に通じ、話がわかる。「彼は―・けた人である」
悩みがなくなり晴れ晴れとする。「気持ちが―・ける」
道路・交通機関などが通じる。「鉄道が―・ける」
物事が始まる。
「天地(あめつち)の―・け始まりける時」〈古今・仮名序〉
10 花が咲く。つぼみがほころびる。
「それもがと今朝―・けたる初花に劣らぬ君がにほひをぞ見る」〈・賢木〉
11 忌み詞で、遠く落ちのびる。
「敵御方一万二千余騎、東に―・け」〈太平記・三〇〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はだける【開ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 はだ・く
〔「はたける」とも〕
衣服の襟元・裾などを広げる。 「着物の前を-・ける」
手足や目・口などを大きく開く。 「声をいださんとて口を-・けるひまに/仮名草子・伊曽保物語」

ひらける【開ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 ひら・く
前方にさえぎる物がなく、広く遠くまで見わたせる。 「視界が-・ける」 「南側が-・けた家」 「あめつちの-・けはじまりける時より/古今 仮名序
(比喩的に)前進するのにじゃまなものがなくなる。 「解決への道が-・ける」 「社の将来が-・けてきた」
(「運が開ける」の形で)よい状態に向かう。運が向く。 「運が-・けてくる」
多くの人が住みついてにぎやかになる。 「古くから-・けた港町」
文化・文明がそこで進展する。また、人の考えが進歩する。開化する。 「古くから文明が-・けた地域」 「世の中が-・けて迷信を信じる人が減る」 「今は学問が-・けたから、そんな事を考へるものは、もう一人もなくなつちまつた/明暗 漱石
人情に通じ、物分かりが良い。 「あの人は取っつきは悪いが案外-・けている」
道路・鉄道などが通じる。 「近来汽車が-・けたから/戸隠山紀行 美妙
花が咲く。 「とく-・けたる桜の色もいと面白ければ/源氏 乙女
心にわだかまりがなく晴れ晴れとする。 「ひさかたの月夜を清み梅の花心-・けて我が思へる君/万葉集 1661」 〔「開く」に対する自動詞〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

開けるの関連キーワード怖ける絎ける煤ける遠退ける蒸ける蓬ける痩けるささ・ける老けるふや・ける

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

開けるの関連情報