関前(読み)せきぜん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関前
せきぜん

愛媛県北部,今治市の島嶼部を構成する旧村域。芸予諸島のうち,岡村島 (主島) ,大下島小大下島からなる。 2005年今治市,大西町,大三島町,上浦町,菊間町,玉川町,波方町,伯方町,宮窪町,吉海町,朝倉村と合体し今治市となる。急傾斜地を利用した柑橘類の栽培が主。漁業は一本釣り流し網が中心で,ハマチの養殖も行なわれる。小大下島は石灰石採掘のため島の形が変わった。岡村島の南端の観音崎瀬戸内海の眺望に優れ,瀬戸内海国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関前
せきぜん

愛媛県北部、越智(おち)郡にあった旧村名(関前村(むら))。旧村域は瀬戸内海の芸予諸島の大下(おおげ)、小大下(こおげ)、岡村の3島からなり、岡村が中心集落。2005年(平成17)大三島町など9町1村とともに今治市に合併。現在は今治市の北部にあたる。タイ、サワラなど高級魚の水揚げ、歴史の古い小大下島の石灰石生産、海運業などで知られる。愛媛県のミカン栽培先進地で、明治初期に温州(うんしゅう)ミカンを導入し、「関前ミカン」は色や味のよいことで知られる。今治(いまばり)市街地の北西15キロメートルにあり、今治港と岡村港間に定期船の便がある。関前全域は瀬戸内海国立公園に含まれ、岡村島の観音崎には展望台や観音堂がある。また、同島の姫子島神社の弓祈祷(きとう)は県指定無形民俗文化財。[横山昭市]
『『関前村誌』(1997・関前村)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関前の関連情報