コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関前 せきぜん

2件 の用語解説(関前の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関前
せきぜん

愛媛県北部,今治市の島嶼部を構成する旧村域。芸予諸島のうち,岡村島 (主島) ,大下島小大下島からなる。 2005年今治市,大西町,大三島町,上浦町,菊間町,玉川町,波方町,伯方町,宮窪町,吉海町,朝倉村と合体し今治市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関前
せきぜん

愛媛県北部、越智(おち)郡にあった旧村名(関前村(むら))。旧村域は瀬戸内海の芸予諸島の大下(おおげ)、小大下(こおげ)、岡村の3島からなり、岡村が中心集落。2005年(平成17)大三島町など9町1村とともに今治市に合併。現在は今治市の北部にあたる。タイ、サワラなど高級魚の水揚げ、歴史の古い小大下島の石灰石生産、海運業などで知られる。愛媛県のミカン栽培先進地で、明治初期に温州(うんしゅう)ミカンを導入し、「関前ミカン」は色や味のよいことで知られる。今治(いまばり)市街地の北西15キロメートルにあり、今治港と岡村港間に定期船の便がある。関前全域は瀬戸内海国立公園に含まれ、岡村島の観音崎には展望台や観音堂がある。また、同島の姫子島神社の弓祈祷(きとう)は県指定無形民俗文化財。[横山昭市]
『『関前村誌』(1997・関前村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関前の関連キーワード愛媛県今治市阿方愛媛県今治市旭町愛媛県今治市今治村愛媛県今治市延喜愛媛県今治市小泉愛媛県今治市砂場町愛媛県今治市関前愛媛県今治市旦愛媛県今治市長沢愛媛県今治市山路

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

関前の関連情報