コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伯方 はかた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伯方
はかた

愛媛県北部,今治市の島嶼部を構成する旧町域。芸予諸島伯方島全域を占める。 1940年町制。 1955年西伯方村と合体。 2005年今治市,大西町,大三島町,上浦町,菊間町,玉川町,波方町,宮窪町,吉海町,朝倉村,関前村と合体し今治市となる。中心集落の木浦瀬戸内海航路の十字路にあたり,かつては避難港として繁栄。主産業は海運業で,柑橘類の栽培も行なわれる。 1963年漁業センターが設立され,養殖漁業も発達。船折瀬戸と鼻栗瀬戸は景色がよく,鼻栗瀬戸には 1979年大三島とつなぐ大三島橋 (328m) が完成。 1988年には大島と結ぶ伯方・大島大橋 (325m・840m) が完成した。中央部と北西部は瀬戸内海国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伯方
はかた

愛媛県北部、越智(おち)郡にあった旧町名(伯方町(ちょう))。現在は今治(いまばり)市の北東部にあたり、瀬戸内海芸予諸島の伯方島一島からなる地域。旧伯方町は、1940年(昭和15)東伯方村が町制施行して成立。1955年西伯方村と合併。2005年(平成17)上浦(かみうら)町など8町2村とともに今治市に合併。今治港からの定期船便がある。今治と尾道を島伝いに結ぶ西瀬戸自動車道が1999年に全通、伯方島インターチェンジが設置されている。国道317号が南西側の海岸沿いを走る。縄文遺跡が多く、中心地区の木浦(きのうら)は、中世村上水軍の本拠となったことがあり、城砦(じょうさい)跡がある。木浦港は天然の良港で、近世には風待ち・潮待ち港として栄えた。現在、柑橘(かんきつ)類や花卉(かき)の栽培、造船が行われ、海運業に従事する者も多い。また、クルマエビ、ヒラメの養殖も行われる。伯方塩田は整理されたが、輸入塩を原料とした自然塩生産が続けられている。[横山昭市]
『『伯方町誌』(1988・伯方町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

伯方の関連キーワード大島(愛媛県、芸予諸島)愛媛県今治市大三島町台愛媛県今治市伯方町叶浦愛媛県今治市伯方町木浦本州四国連絡橋虎杖浜たらこ大三島(島)愛媛県今治市深見 寅之助上浦[町]今治(市)伯方[町]上条良材伯方の塩松平勝道栽培漁業見近島生口島鶏小島鯛崎島

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伯方の関連情報