コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉海 よしうみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉海
よしうみ

愛媛県北部,今治市の島嶼部を構成する旧町域。芸予諸島大島の西半と津島からなる。 1954年渦浦村,亀山村,津倉村の3村と大山村の一部が合体して町制。 2005年今治市,大西町,大三島町,上浦町,菊間町,玉川町,波方町,伯方町,宮窪町,朝倉村,関前村と合体し今治市となる。中世には京都の醍醐寺の荘園があった。塩田の開発は古く,1959年まで製塩業が行なわれていた。ミカン栽培が主産業で,大島石を産する。文化4 (1807) 年以来,大島四国として,2泊3日の島四国巡礼が春の旧暦彼岸に行なわれ,数百人の善男善女が善根宿を利用する。亀山の八幡山 (214m) は国の名勝に指定され,付近は瀬戸内海国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉海
よしうみ

愛媛県北部、越智(おち)郡にあった旧町名(吉海町(ちょう))。瀬戸内海芸予諸島の大島南西部を占め、津島などを含む。現在は今治(いまばり)市の北東部にあたる。旧吉海町は、1954年(昭和29)渦浦(うずうら)、亀山、津倉(つくら)の3村、大山村の一部が合併して成立。2005年(平成17)宮窪(みやくぼ)町など8町2村とともに今治市に合併。町の名は中世の大島荘(しょう)吉浦(よしうら)方にちなむ。来島(くるしま)海峡を隔てて今治市街地と向かい合い、下田水(しただみ)港からフェリーボートが頻繁に通い、また国道317号が通じる。本州四国連絡橋の尾道(おのみち)―今治ルート(西瀬戸自動車道=瀬戸内しまなみ海道、1999年全通)の大島南インターチェンジが設置されている。周囲の海域はタイの好漁場で水産業が盛ん。中心集落の幸新田(さいわいしんでん)一帯は近世に開拓された地で、水田や野菜畑が多い。津倉塩田は工場用地へ転用された。南東部の名駒(なごま)地区には名駒のコミカン(県指定天然記念物)があるが、来島水軍が朝鮮から持ち帰ったものといわれる。四国八十八か所を模した島四国があり、巡礼に湯茶、食事などの接待をする善根宿(ぜんこんやど)がある。山容の美しい八幡山(215メートル)は国指定名勝で、山頂付近からは弥生(やよい)中期以降の土器が出土した。津島では漁業とミカンやイチジク栽培が行われる。[横山昭市]
『『吉海町史』(1971・吉海町) ▽『吉海町誌』(2001・吉海町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

吉海の関連キーワード愛媛県今治市吉海町福田手結住吉県立自然公園小佐渡県立自然公園愛媛県今治市村上 キワエ大島(愛媛)日本の活火山野間 仁根今治(市)宮窪[町]来島海峡藤の井海進

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉海の関連情報