コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮窪 みやくぼ

2件 の用語解説(宮窪の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宮窪
みやくぼ

愛媛県北部,今治市の島嶼部を構成する旧町域。芸予諸島大島の東半部および四阪島,能島,鵜島などを含む。 1952年町制。 1954年大山村の一部を編入。 2005年今治市,大西町,大三島町,上浦町,菊間町,玉川町,波方町,伯方町,吉海町,朝倉村,関前村と合体し今治市となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宮窪
みやくぼ

愛媛県北部、越智(おち)郡にあった旧町名(宮窪町(ちょう))。瀬戸内海の芸予諸島の大島北東部を占め、鵜(う)島、能(の)島、四阪(しさか)島などを含む。旧宮窪町は、1952年(昭和27)町制施行。2005年(平成17)吉海(よしうみ)町など8町2村とともに今治市に合併。現在は今治(いまばり)市の北部にあたる。本州四国連絡橋の尾道(おのみち)―今治ルート(西瀬戸自動車道=瀬戸内しまなみ海道、1999年全通)、国道317号が通じる。今治港や広島県土生港(因島)と定期船便で結ばれる。内海有数の漁港があり、漁業、ミカン栽培が盛ん。また大島石の採掘と石材業が行われ、全国的にも珍しい石の博物館である石文化伝承館がつくられている。杜氏(とうじ)の季節労働も有名。四阪島は別子(べっし)銅山の製錬所の立地で知られたが、1976年操業中止。能島には中世村上水軍の拠(よ)った能島城跡(国指定史跡)がある。鵜島は村上水軍の水汲(く)み場、船着き場があった地で、現在はミカン栽培が盛ん。[横山昭市]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

宮窪の関連キーワード愛媛県今治市阿方愛媛県今治市旭町愛媛県今治市今治村愛媛県今治市延喜愛媛県今治市小泉愛媛県今治市砂場町愛媛県今治市関前愛媛県今治市旦愛媛県今治市長沢愛媛県今治市山路

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宮窪の関連情報