阿寒[町](読み)あかん

世界大百科事典 第2版の解説

あかん【阿寒[町]】

北海道東部,釧路支庁阿寒郡の町。人口7050(1995)。南は釧路市に接し,阿寒川の上中流域を占めて,北部は阿寒湖,雄阿寒岳などを含む阿寒国立公園地域となっている。和人の定住は1885年以降のことで,石炭の埋蔵は《松前誌》(1781)にも記され,古くから知られていた。雄別炭鉱は舌辛(したから)川上流にあり,採炭は94年に始まったが,大規模な開発は1923年の雄別鉄道開通と前後して進められた。50年には空前の石炭景気を迎えたが,70年には炭鉱が閉山,鉄道も廃止され,町の人口も半数以下に減少した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android