コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿寒[町] あかん

2件 の用語解説(阿寒[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

阿寒[町]【あかん】

北海道東部,阿寒郡の旧町。阿寒湖から流出する阿寒川流域を含み,南部は釧路市に接する。北部は阿寒国立公園に属し,阿寒湖畔温泉は観光基地。2005年10月白糠郡音別町と釧路市へ編入。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あかん【阿寒[町]】

北海道東部,釧路支庁阿寒郡の町。人口7050(1995)。南は釧路市に接し,阿寒川の上中流域を占めて,北部は阿寒湖雄阿寒岳などを含む阿寒国立公園地域となっている。和人の定住は1885年以降のことで,石炭の埋蔵は《松前誌》(1781)にも記され,古くから知られていた。雄別炭鉱は舌辛(したから)川上流にあり,採炭は94年に始まったが,大規模な開発は1923年の雄別鉄道開通と前後して進められた。50年には空前の石炭景気を迎えたが,70年には炭鉱が閉山,鉄道も廃止され,町の人口も半数以下に減少した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone