コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿曇比羅夫 アズミノヒラフ

5件 の用語解説(阿曇比羅夫の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あずみ‐の‐ひらふ〔あづみ‐〕【阿曇比羅夫】

飛鳥時代の武将。滅亡直前の百済(くだら)の救援に赴き活躍したが、白村江(はくすきのえ)の水軍に敗れた。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿曇比羅夫 あずみの-ひらふ

?-? 飛鳥(あすか)時代の武人。
百済(くだら)(朝鮮)に使節としていき,舒明天皇の死去の際,弔使をともなって帰国。斉明天皇7年(661)阿倍比羅夫らとともに百済救援におもむく。翌年日本滞在中の百済の王子余豊璋(よ-ほうしょう)を送還した。別名に阿曇山背比良夫。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

阿曇比羅夫

生年:生没年不詳
7世紀中ごろの官人。阿曇氏が海部の伴造氏族であることから,外交と外征に活躍した。阿曇山背比良夫とも記す。大仁の冠位で百済国使を務めていたが,皇極1(642)年舒明天皇の死去に対して派遣された百済の弔使を伴い帰国し,百済の国情の乱れを報告した。このときに追放された百済王子翹岐は彼の家で安全に保護された。斉明7(661)年百済救援の前将軍に任じられた。翌天智1(662)年外征軍の大将軍として船170隻を率いて出征し,百済王子余豊璋を本国に送還して即位させた。のち大錦中の冠位を授けられた。

(今泉隆雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あずみのひらふ【阿曇比羅夫】

7世紀中期,対朝鮮半島の行動に活躍した水軍の将。生没年不詳。阿曇山背比羅夫とも称す。642年(皇極1),舒明天皇の死を弔する百済使節とともに帰国,弔使の応対に当たっているから,舒明朝,すでに百済に使していたことがわかる。661年(斉明7),唐将軍蘇定方が水陸より高句麗に南下すると,前将軍として後将軍阿倍比羅夫らとともに百済救援に派遣され,翌年には,日本滞在中の百済の人質の王子豊璋を百済に送還,王位につける役目を果たす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿曇比羅夫
あずみのひらふ

生没年不詳。7世紀の中期に対朝鮮半島関係に活躍した外交官、将軍。阿(安)曇山背連(やましろのむらじ)比良夫ともいう。山背に本貫があったのだろう。舒明(じょめい)天皇の末年に百済(くだら)への使節となり、舒明天皇の崩御を聞いて百済からの弔使を伴って帰朝、その応接にあたり、また百済の国情を報告した。また百済義慈王の王子翹岐(ぎょうぎ)らが王に放逐されて来朝したとき、その家に預かっている。661年(斉明天皇7)に百済が唐と新羅(しらぎ)の連合軍に攻められ危急に陥ったとき、救援軍の前将軍に任ぜられ、後将軍阿倍引田(ひけた)比羅夫らとともに軍を率いて渡韓することになり、662年百済王子豊璋(ほうしょう)を170艘(そう)の軍船を率いて送って行き王位につかせた。その効なく、翌年白村江(はくすきのえ)に日本は大敗し、百済は滅んだ。[横田健一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿曇比羅夫の関連キーワードアモス伴造フン族カルナチック竜樹阿曇大浜忍海色夫古娘葛城山田瑞子河辺百枝許勢稲持

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone