コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿曇比羅夫 アズミノヒラフ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿曇比羅夫 あずみの-ひらふ

?-? 飛鳥(あすか)時代の武人。
百済(くだら)(朝鮮)に使節としていき,舒明天皇の死去の際,弔使をともなって帰国。斉明天皇7年(661)阿倍比羅夫らとともに百済救援におもむく。翌年日本滞在中の百済の王子余豊璋(よ-ほうしょう)を送還した。別名に阿曇山背比良夫。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

阿曇比羅夫

生年:生没年不詳
7世紀中ごろの官人。阿曇氏が海部の伴造氏族であることから,外交と外征に活躍した。阿曇山背比良夫とも記す。大仁の冠位で百済国使を務めていたが,皇極1(642)年舒明天皇の死去に対して派遣された百済の弔使を伴い帰国し,百済の国情の乱れを報告した。このときに追放された百済王子翹岐は彼の家で安全に保護された。斉明7(661)年百済救援の前将軍に任じられた。翌天智1(662)年外征軍の大将軍として船170隻を率いて出征し,百済王子余豊璋を本国に送還して即位させた。のち大錦中の冠位を授けられた。

(今泉隆雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あずみのひらふ【阿曇比羅夫】

7世紀中期,対朝鮮半島の行動に活躍した水軍の将。生没年不詳。阿曇山背比羅夫とも称す。642年(皇極1),舒明天皇の死を弔する百済使節とともに帰国,弔使の応対に当たっているから,舒明朝,すでに百済に使していたことがわかる。661年(斉明7),唐将軍蘇定方が水陸より高句麗に南下すると,前将軍として後将軍阿倍比羅夫らとともに百済救援に派遣され,翌年には,日本滞在中の百済の人質の王子豊璋を百済に送還,王位につける役目を果たす。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿曇比羅夫
あずみのひらふ

生没年不詳。7世紀の中期に対朝鮮半島関係に活躍した外交官、将軍。阿(安)曇山背連(やましろのむらじ)比良夫ともいう。山背に本貫があったのだろう。舒明(じょめい)天皇の末年に百済(くだら)への使節となり、舒明天皇の崩御を聞いて百済からの弔使を伴って帰朝、その応接にあたり、また百済の国情を報告した。また百済義慈王の王子翹岐(ぎょうぎ)らが王に放逐されて来朝したとき、その家に預かっている。661年(斉明天皇7)に百済が唐と新羅(しらぎ)の連合軍に攻められ危急に陥ったとき、救援軍の前将軍に任ぜられ、後将軍阿倍引田(ひけた)比羅夫らとともに軍を率いて渡韓することになり、662年百済王子豊璋(ほうしょう)を170艘(そう)の軍船を率いて送って行き王位につかせた。その効なく、翌年白村江(はくすきのえ)に日本は大敗し、百済は滅んだ。[横田健一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

阿曇比羅夫の関連キーワード飛鳥時代河辺百枝白村江

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android