コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

院庁下文 いんのちょうくだしぶみ

4件 の用語解説(院庁下文の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

院庁下文
いんのちょうくだしぶみ

院政のために上皇の政務機関である院庁から出された文書。形式は院司連署の下文で,平安時代末期には国法上,綸旨 (りんじ) ,官符などと同等の効力があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いんのちょうくだしぶみ【院庁下文】

院庁から管下の機関に下す下文様の文書。院宣が天皇,太政官の政務や知行国主,受領の国務に口入する文書であり,直接の政務文書として用いられたのに対し,院庁下文は院領,院御願寺領,女院領および院分国の支配のために発信される。初行上段に差出書,下段に宛所を書く。女院庁下文の差出書は〈八条院庁下〉のように女院名を表示するが,院の場合は単に〈院庁下〉と表すだけで院名を明示しない。宛所は,荘園ならば〈神崎御庄下司等〉,分国ならば〈播磨国在庁官人等〉のように荘官や在庁官人等の地下人(じげにん)となるのが普通である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いんのちょうくだしぶみ【院庁下文】

院の庁が発する公文書。「院庁下」と書き出し、末尾に別当・判官代・主典代その他の院司が連署する形式のもので、内容も院の御領・御願寺に関する場合が多く、院宣が簡便で内容が多岐にわたるのとは異なる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

院庁下文
いんのちょうくだしぶみ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

院庁下文の関連キーワード院庁入組文管下切下文雲鳥指令申達宛書院の庁下文

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

院庁下文の関連情報