院庁下文(読み)いんのちょうくだしぶみ

世界大百科事典 第2版の解説

いんのちょうくだしぶみ【院庁下文】

院庁から管下の機関に下す下文様の文書。院宣が天皇,太政官の政務や知行国主,受領の国務に口入する文書であり,直接の政務文書として用いられたのに対し,院庁下文は院領,院御願寺領,女院領および院分国の支配のために発信される。初行上段に差出書,下段に宛所を書く。女院庁下文の差出書は〈八条院庁下〉のように女院名を表示するが,院の場合は単に〈院庁下〉と表すだけで院名を明示しない。宛所は,荘園ならば〈神崎御庄下司等〉,分国ならば〈播磨国在庁官人等〉のように荘官や在庁官人等の地下人(じげにん)となるのが普通である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いんのちょうくだしぶみ【院庁下文】

院の庁が発する公文書。「院庁下」と書き出し、末尾に別当・判官代・主典代その他の院司が連署する形式のもので、内容も院の御領・御願寺に関する場合が多く、院宣が簡便で内容が多岐にわたるのとは異なる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android