コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

院庁下文 いんのちょうくだしぶみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

院庁下文
いんのちょうくだしぶみ

院政のために上皇政務機関である院庁から出された文書。形式は院司連署の下文で,平安時代末期には国法上,綸旨 (りんじ) ,官符などと同等の効力があった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いんのちょうくだしぶみ【院庁下文】

院庁から管下の機関に下す下文様の文書。院宣が天皇,太政官の政務や知行国主,受領の国務に口入する文書であり,直接の政務文書として用いられたのに対し,院庁下文は院領,院御願寺領,女院領および院分国の支配のために発信される。初行上段に差出書,下段に宛所を書く。女院庁下文の差出書は〈八条院庁下〉のように女院名を表示するが,院の場合は単に〈院庁下〉と表すだけで院名を明示しない。宛所は,荘園ならば〈神崎御庄下司等〉,分国ならば〈播磨国在庁官人等〉のように荘官や在庁官人等の地下人(じげにん)となるのが普通である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

いんのちょうくだしぶみ【院庁下文】

院の庁が発する公文書。「院庁下」と書き出し、末尾に別当・判官代・主典代その他の院司が連署する形式のもので、内容も院の御領・御願寺に関する場合が多く、院宣が簡便で内容が多岐にわたるのとは異なる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

院庁下文
いんのちょうくだしぶみ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

院庁下文の関連キーワード三代御起請地藤原清長中原久経近藤国平立券荘号雀部荘松浦荘源俊方八代荘公文書判官代御領末尾別当覚仁宛書院政連判別符庁宣

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android