物故(読み)ものゆえ

精選版 日本国語大辞典「物故」の解説

もの‐ゆえ ‥ゆゑ【物故】

〘接助〙 (名詞「もの」「ゆえ」の重なってできたもの。「に」を伴って「ものゆえに」の形をとることもある) 活用語の連体形を受ける。特に、中古以降は大部分が打消を伴った活用語の連体形に付く。
① 逆接を表わす。
万葉(8C後)一九・四一六八「毎年(としのは)に来鳴く毛能由恵(モノユヱ)ほととぎす聞けば偲はく逢はぬ日を多み」
② 順接を表わす。
※竹取(9C末‐10C初)「事ゆかぬゆへ大納言をそしりあひたり」

ぶっ‐こ【物故】

〘名〙 人が死ぬこと。死去。物化。もっこ。
※続日本紀‐天平宝字七年(763)五月戊申「漂着日南、時栄叡物
※随筆・文会雑記(1782)三「堀正超は物故せり。の貞介跡をつぎしとなり」 〔荀子‐君道〕

もっ‐こ【物故】

〘名〙 人が死ぬこと。死去。ぶっこ。
※太平記(14C後)一八「過去聖霊藤原氏女、并物故(モッコ)秦武文共に三界の苦界を出て、速に九品の浄刹に到れ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「物故」の解説

もっ‐こ【物故】

[名](スル)ぶっこ(物故)」に同じ。
「先生の父君は―せられて」〈蘆花思出の記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「物故」の解説

【物故】ぶつこ

死ぬ。〔後漢書、五行志五〕安四年二、武陵充縣の女子李娥、年六十餘にして物故す。~外數里の上(ほとり)に(うづ)む。已に十四日、行(みち)に其の冢中に聲るを聞く。~家きて、聲を聽き、(すなは)ち發出せるに、に活きたり。

字通「物」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android