コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青根温泉 あおねおんせん

5件 の用語解説(青根温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青根温泉
あおねおんせん

宮城県南西部,蔵王山の東方,川崎町にある温泉。後烏帽子岳 (1666m) の山腹,標高約 500mにあり,眺望がよい。単純泉。泉温 43~56℃で湯量は豊富。蔵王山への登山口で,スキー場が近い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あおね‐おんせん〔あをねヲンセン〕【青根温泉】

宮城県、蔵王山の東麓にある温泉。泉質は単純温泉炭酸水素塩泉硫酸塩泉。仙台藩伊達家の湯治場であった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あおねおんせん【青根温泉】

宮城県南西部、蔵王ざおう山東斜面中腹にある単純泉。伊達家の湯治場であった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔宮城県〕青根温泉(あおねおんせん)


宮城県南西部、柴田(しばた)郡川崎(かわさき)町にある行楽・保養向きの温泉。蔵王(ざおう)山の東麓(とうろく)にわく。江戸時代には藩主伊達(だて)家の湯治場。蔵王エコーラインに通じる観光基地。ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉。泉温56℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青根温泉
あおねおんせん

宮城県南部、柴田(しばた)郡川崎町にある温泉。蔵王(ざおう)山東斜面の中腹に位置する。数か所の源泉のうち、大湯は天文(てんぶん)年間(1532~1555)の発見、名号(みょうごう)湯は病人が弥陀(みだ)の称号を唱えながら入湯するとたちまち全快すると伝えられる。江戸時代に発見された新湯は仙台藩主が保養に訪れた温泉である。泉質は単純温泉。国道457号が通じ、蔵王エコーラインに連絡、避暑、スキー、蔵王観光の基地となっている。JR東北本線白石(しろいし)駅、大河原(おおがわら)駅、東北新幹線白石蔵王駅からバスが通じる。[長谷川典夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

青根温泉の関連キーワード柴田宮城県柴田郡川崎町今宿宮城県柴田郡川崎町小野宮城県柴田郡川崎町川内宮城県柴田郡川崎町宮城県柴田郡宮城県柴田郡川崎町支倉宮城県柴田郡川崎町支倉台宮城県柴田郡川崎町前川宮城県柴田郡川崎町本砂金

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

青根温泉の関連情報