コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

養父[町] やぶ

2件 の用語解説(養父[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

養父[町]【やぶ】

兵庫県北部,養父郡の旧町。円山(まるやま)川の中流域にある。カイコの蛹(さなぎ)を飼料としてニシキゴイを養殖,但馬(たじま)牛飼育も行われる山陰本線が通じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

やぶ【養父[町]】

兵庫県北部,養父郡の町。人口8913(1995)。円山(まるやま)川とその支流の大屋川,建屋(たきのや)川沿いに水田,集落が開けるほかは山地が連なる。冬の降雪が多く,山間部では1mに達する。円山川沿いに山陰本線が走り,国道9号線も通る。円山川沿岸の養父市場は近隣の農山村の商業中心として発達し,牛市も開かれた。明治以降,養蚕が盛んになると,製糸・メリヤス工場も進出した。養蚕の副産物であるさなぎを飼料にしたコイの養殖は,養蚕が衰微した現在も盛んに行われ,観賞用のニシキゴイの産地として知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

養父[町]の関連キーワード余部香住城崎温泉養父入佐山高千穂飛騨やぶ植木清兵衛山陰美人

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone