コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

餓鬼草紙・餓鬼草子 がきぞうし

大辞林 第三版の解説

がきぞうし【餓鬼草紙・餓鬼草子】

餓鬼道の業苦を描いた絵巻物。鎌倉時代の作。平安末から鎌倉初期に盛んであった六道輪廻りんねの思想を反映したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

餓鬼草紙・餓鬼草子の関連キーワード鎌倉時代絵巻物餓鬼道業苦

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android