コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

餓鬼草紙・餓鬼草子 がきぞうし

大辞林 第三版の解説

がきぞうし【餓鬼草紙・餓鬼草子】

餓鬼道の業苦を描いた絵巻物。鎌倉時代の作。平安末から鎌倉初期に盛んであった六道輪廻りんねの思想を反映したもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

餓鬼草紙・餓鬼草子の関連キーワード鎌倉時代絵巻物餓鬼道業苦

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android