駒ヶ根(市)(読み)こまがね

  • 駒ヶ根

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長野県南部、伊那盆地(いなぼんち)の中央部にある市。1954年(昭和29)赤穂(あかほ)町を中心に、伊那、中沢の2村と宮田町が合併して市制施行。1956年宮田地区を分離し宮田村を設置。市名は市域が木曽(きそ)山脈の主峰駒ヶ岳の麓(ふもと)にあることにちなむ。市域は天竜川(てんりゅうがわ)の両岸に広がり、右岸は河岸段丘上の平坦(へいたん)面をなし、左岸は伊那山地の山腹傾斜地である。JR飯田(いいだ)線、国道153号ともに右岸を通り、中心地区赤穂の西方には中央自動車道の駒ヶ根インターチェンジもある。赤穂は近世三州街道(現、国道153号)の宿場をなしていた。市街は国道に沿い新興都市としての商店街をなし、駒ヶ岳への登山口である。周辺の農村部はリンゴ、ブドウ、ナシや水稲作が中心になっている。市街西方の駒ヶ根高原は伊那盆地随一の観光地をなし、市域の北側を東に流下する天竜川の支流大田切(おおたぎり)川上流のキャンプ場など観光開発に力を入れている。食品加工や電機工場が多い。国指定重要文化財の旧竹村家住宅や、国指定名勝の庭園をもつ光前寺(こうぜんじ)もある。面積165.86平方キロメートル(一部境界未定)、人口3万2759(2015)。

[小林寛義]

『『駒ヶ根』増補改訂版(1968・駒ヶ根市)』『『駒ヶ根市誌資料集』8冊(1957~1964・駒ヶ根市)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android