コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駒ヶ根[市](読み)こまがね

百科事典マイペディアの解説

駒ヶ根[市]【こまがね】

長野県中南部の市。1954年市制。中心の赤穂(あかほ)は伊那盆地伊那谷)のほぼ中央,天竜川の河岸段丘上にあり,三州街道宿駅として発達。かつて製糸業の一中心であったが,1982年に中央自動車道が全通し,現在は電気機器,一般機器工業が盛んとなった。段丘上ではナシ栽培が盛ん。飯田線が通じ北西端にそびえる駒ヶ岳(木曾駒)の登山基地で,しらび平から千畳敷までロープウェーが通じる。165.86km2。3万3693人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こまがね【駒ヶ根[市]】

長野県南部,伊那盆地にある市。1954年赤穂(あかほ)町,宮田町,中沢村,伊那村が合体,市制。56年旧宮田町が宮田村として分離した。人口3万3601(1995)。中心の赤穂は江戸時代天領で,三州街道の宿駅が置かれ,在町として発展した。明治以降製糸業が発達し,今でも養蚕農家の経営になる組合製糸竜水社の工場が続き,製糸・呉服販売を行っている。第2次大戦後は製糸に代わって電気機械工業がおこり,現在は電子関係など電気機械工業が発展している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる