骨身を削る(読み)ほねみをけずる

精選版 日本国語大辞典「骨身を削る」の解説

ほねみ【骨身】 を 削(けず)

労苦などが身を細らせるほどに感じられる。からだがやせ細るほど努力してつとめる。非常な苦心をする。
※天草四郎(1914)〈木下杢太郎〉下「でうすに帰依の心は唯の妄想ではないかと云ふ考がわしの骨身を削るのだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「骨身を削る」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android