コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

殉ずる ジュンズル

デジタル大辞泉の解説

じゅん・ずる【殉ずる】

[動サ変][文]じゅん・ず[サ変]
主君などの死を追って死ぬ。殉死する。「亡君に―・ずる」
ある人に義理立てして、同じ行動をとる。「辞任した大臣に―・ずる」
ある物事のために命を投げ捨てて尽くす。「信仰に―・ずる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゅんずる【殉ずる】

( 動サ変 ) [文] サ変 じゆん・ず
主君や恩人の死んだあと、その後を追って死ぬ。殉死する。 「主君の無念の死に-・ずる」
ある人の後を追って同じ行動をとる。 「先輩に-・じて職を退く」
任務や信念などのために、命を投げ出す。 「国難に-・ずる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

殉ずるの関連キーワードロート(Joseph Roth)男色大鑑照葉狂言殉じる殉死切腹義人国難殉道主君

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

殉ずるの関連情報