コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高山辰雄 たかやま たつお

美術人名辞典の解説

高山辰雄

日本画家。明治45年(1912)大分県生。東美校卒。松岡映丘に師事する。ポール・ゴーギャンの伝記を通して絵画精神を鼓舞され、裸婦のシリーズ、家族のシリーズで内面的なドラマをはらんだ個性的な画面を展開した。その後、日本画と洋画の壁を取り除いた独特の作風を創造。人間、風景、静物に、神秘的な心象を表現している。芸術院会員文化功労者文化勲章受章。東京住。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

高山辰雄【たかやまたつお】

日本画家。大分市生れ。東京美術学校松岡映丘に師事,在学中に《湯泉》が帝展に初入選。のち松岡門下の団体璃爽画社に出品,1941年一采社を創立。戦後の日展では《浴室》《少女》の連続特選をはじめ活躍。
→関連項目世田谷美術館

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高山辰雄 たかやま-たつお

1912-2007 昭和-平成時代の日本画家。
明治45年6月26日生まれ。松岡映丘に師事。瑠爽(るそう)画社,一采社などに参加。昭和21年日展で特選,以後日展を中心に活躍。35年芸術院賞,40年芸術選奨,47年芸術院会員。50-52年日展理事長。57年文化勲章。人間存在を追求した人物画にすぐれた。平成19年9月14日死去。95歳。大分県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。作品に「白翳(はくえい)」「穹(きゅう)」「星辰」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たかやまたつお【高山辰雄】

1912(大正1)‐ 
日本画家。大分市で鍛冶業の家に生まれる。1930年上京,荻生天泉,小泉勝爾に師事し,31年東京美術学校日本画科に入学。在学中の34年,帝展に《温泉》が初入選,36年の卒業制作《砂丘》は首席となった。同年松岡映丘(1881‐1938)の木の華(このはな)社へ入り,翌年には映丘と門下による瑠爽画社に参加する(瑠爽画社は映丘の死去などにより38年解散)。39年から新文展に出品する一方,41年には映丘門下の若手で研究団体一采社を結成,同人として61年第20回展に至るまで毎回出品し,指導的役割を果たした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高山辰雄
たかやまたつお

[生]1912.6.26. 大分
[没]2007.9.14. 東京,世田谷
日本画家。 1931年東京美術学校日本画科に入り,在学中の 1934年帝展に初入選,1936年に卒業。松岡映丘に師事。 1937年日本画研究団体の瑠爽画社に加わり,また 1941年一采社の結成に参加した。第2次世界大戦後の日展に,幽暗なかげりのある心象風景画を発表し,1946年に『浴室』,1949年には『少女』が特選となって注目された。 1965年『穹』 (1964,東京国立近代美術館) で芸術選奨文部大臣賞を受賞した。 1972年日本芸術院会員,1979年文化功労者。 1982年文化勲章受章。主要作品に『沼』 (1956,日本芸術院) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高山辰雄
たかやまたつお
(1912―2007)

日本画家。大分市生まれ。東京美術学校で松岡映丘(えいきゅう)に学び、1936年(昭和11)に卒業。37年に瑠爽(るそう)社、41年に一采(いっさい)社を結成する。46年の『浴室』、49年の『少女』で日展特選。以後も日展に出品を続け、53年から審査員、評議員、理事を経て、75年に日展理事長となる。60年に『白翳(はくえい)』で日本芸術院賞、70年には日本芸術大賞を受賞。72年芸術院会員となる。73年、日月星辰(じつげつせいしん)展を開催。79年文化功労者となり、82年には文化勲章を受章した。[二階堂充]
『『現代日本画素描集7 高山辰雄――日月星辰』(1978・日本放送出版協会) ▽『高山辰雄自選画集』(1981・毎日新聞社) ▽小川正隆解説『現代日本画全集15 高山辰雄』(1981・集英社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

高山辰雄の関連キーワード大分県立芸術会館日展100周年女屋 勘左衛門大分市美術館加藤 東一北澤美術館加倉井和夫野島 青茲浦田正夫野島青茲杉山寧