鹿沼[市](読み)かぬま

百科事典マイペディアの解説

鹿沼[市]【かぬま】

栃木県中部の市。1948年市制。西部は足尾山地,東部は鹿沼台地と,利根川の支流が形成した鹿沼扇状地。北は日光,東は宇都宮と接する。中心市街は黒川の渓口集落で,城下町壬生通り宿場町として発達。日光線,東武日光線,東北自動車道が通じる。鹿沼建具として有名な製材,木工業が盛んで,1960年から木工団地の造成が進み,電気機器やプラスチック工業の出荷が伸びている。農村部ではイチゴ,コンニャクを特産するほか,サツキの生産で全国的に有名。鹿沼土,土木建築用の鹿沼石も産する。2006年1月上都賀郡粟野町を編入。東日本大震災で,市内において被害が発生。490.64km2。10万2348人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かぬま【鹿沼[市]】

栃木県中部,宇都宮市の西に接する市。1948年市制。人口9万3053(1995)。市の主要部は足尾山地の東麓,鹿沼扇状地の扇端付近から黒川沿岸の低地を中心に市街地が発展している。中世末期に壬生(みぶ)氏の鹿沼城が築城され,城下町として発達。近世には日光例幣使街道の宿場町,周辺農村の市場町として栄えた。明治以降JR日光線(1890)と東武日光線(1929)が通じ,製材・木工業の盛んな町として有名であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android