コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鹿沼[市] かぬま

百科事典マイペディアの解説

鹿沼[市]【かぬま】

栃木県中部の市。1948年市制。西部は足尾山地,東部は鹿沼台地と,利根川の支流が形成した鹿沼扇状地。北は日光,東は宇都宮と接する。中心市街は黒川の渓口集落で,城下町壬生通り宿場町として発達。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かぬま【鹿沼[市]】

栃木県中部,宇都宮市の西に接する市。1948年市制。人口9万3053(1995)。市の主要部は足尾山地の東麓,鹿沼扇状地の扇端付近から黒川沿岸の低地を中心に市街地が発展している。中世末期に壬生(みぶ)氏の鹿沼城が築城され,城下町として発達。近世には日光例幣使街道の宿場町,周辺農村の市場町として栄えた。明治以降JR日光線(1890)と東武日光線(1929)が通じ,製材・木工業の盛んな町として有名であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

鹿沼[市]の関連キーワード鹿沼土みぶ