コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

SoHo ソーホーSoHo

翻訳|SoHo

デジタル大辞泉の解説

ソーホー【SoHo】[South of Houston Street]

South of Houston Street》ニューヨーク市マンハッタン南西部の地区。1960年代に倉庫などを利用して芸術家たちが住むようになり、前衛芸術・ファッションの中心地。

ソーホー(Soho)

ロンドンの中心街地区にある歓楽街。外国人経営のレストランが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ソーホー【SOHO】

小規模な事業者や個人事業者のこと。また、事務所などを離れネットワークを利用して仕事をする形態をもいう。

ソーホー【SoHo】

〔South of Houston Street の略〕 ニューヨーク市マンハッタン区南部にある前衛芸術・ファッションの中心地。1960年代にグリニッジ-ビレッジから芸術家たちが移り住んだ。

ソーホー【SOHO】

〖small office home office〗

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

ソーホー【ソーホー】
SOHO

アメリカのニューヨーク州ニューヨーク市にあるアート街。マンハッタンにあるエリアで、小さなアートギャラリーやブティック、レストランが集中している。そもそもは倉庫街で、貧しい芸術家やデザイナーたちが住み、アートギャラリーやライブハウス、彼らの集うレストランが並んでいたが、観光客が増えて地価が高騰すると、高級ブティックやレストラン街となった。◇「ソーホー」は「ハウストン通りの南側に位置する地区(South of Houston Street)」の略称といわれる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソーホー
そーほー
Soho

イギリスの首都ロンドンの都心、ウェストミンスター区の一角を占める有名な歓楽街。国際色豊かで、ほとんど世界中の料理も食べられ、世界中の食品を入手できる。セックス産業に関係するクラブや劇場もある。17世紀に亡命してきたフランスの新教徒ユグノーが住み着いた場所。なお、この地名にちなんでアメリカのニューヨーク市マンハッタンにもソーホーSo Ho(South of Houston Street)という一画があり、ファッション、美術、音楽の中心地となっている。[久保田武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

SoHoの関連キーワードマードック(William Murdock)スモールオフィスホームオフィスデジタルプリントサービスデイヴィッド ガーネットディア・アート・センターE.D.A. デオダートアストラッド ジルベルトオーネット コールマンスティーブン アランSOHOエージェントフェミニズム・アートグリニジ・ビレッジジミー ミリキタニオックスフォード街レーザープリンターニューヨーク(市)同音語のアクセントウェスト・エンドルーシー リューティム ワイナー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

SoHoの関連情報