Z旗(読み)ゼットき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「Z旗」の解説

Z旗
ゼットき

船舶旗旒信号Zを表す (→信号旗 ) 。日露戦争日本海海戦で,戦闘開始にあたって連合艦隊旗艦三笠』に掲げられ,有名になった。このときZ旗には「皇国興廃コノ一戦ニアリ,各員一層奮励努力セヨ」という信号文があてられていた。第2次世界大戦でも真珠湾攻撃マリアナ沖海戦レイテ湾海戦の際に,Z旗が掲げられ,一般に「最後の奮闘を期する」という場合に「Z旗を掲げる」と表現するようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「Z旗」の解説

Z旗【ゼットき】

国際信号書による文字旗(旗旒(きりゅう)信号)のZ。日露戦争における日本海海戦で連合艦隊司令長官東郷平八郎が,特定信号書でこの旗に〈皇国ノ興廃(こうはい)コノ一戦ニ在(あ)リ,各員一層奮励努力セヨ〉の信号文を当て,戦闘の開かれようとするとき旗艦三笠のマストに掲げて有名となった。このため一般にも危急存亡をかけた事柄の開始の際などに〈Z旗が上がった〉と称するようになった。→

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「Z旗」の解説

ゼット‐き【Z旗】

〘名〙 万国船舶信号旗のZに相当する旗。二本の対角線で四分され、黄(上)・黒(左)・赤(下)・青(右)の四色に染め分けられている。緊急事態に処するための大いなる努力の要求を意味し、旧日本海軍では、日露戦争の日本海海戦以来「皇国の興廃この一戦にあり、各員一層奮励努力せよ」との趣旨の信号文にあてられた。〔モダン常識語辞典(1935)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「Z旗」の解説

ゼット‐き【Z旗】

万国船舶信号旗のZに相当する旗。2本の対角線で4分され、黄・黒・赤・青の4色に染め分けられている。旧日本海軍では、「皇国の興廃この一戦にあり、各員一層奮励努力せよ」の信号旗であった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

亡命

政治的,思想的,宗教的,人種的,民族的相違などから,迫害などの身の危険を回避するために本国から逃亡し,外国に庇護を求める行為をいう。教会および国家の支配層による弾圧を逃れてアメリカに渡った非国教徒たる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android