コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

《グレゴリウス》 ぐれごりうす

世界大百科事典内の《グレゴリウス》の言及

【ハルトマン】より

…シュワーベンの騎士の出身(従士)。諸作品のうち《哀歌》と《エーレクErek》は1180年ころに着手され,90年ころに完成,《グレゴリウス》と《哀れなハインリヒ》はこの順で90‐97年の間に書かれたと推定されている。この時期に彼は世俗と愛(ミンネ)に決別する抒情詩,そして十字軍参加(1189‐91)の所産の十字軍遠征の歌を書いた。…

※「《グレゴリウス》」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

《グレゴリウス》の関連キーワードヒルデブラント(グレゴリウス(7世))アウグスティヌス(カンタベリー大司教)チリダテス3世[アルメニア]グレゴリウスまたは善き罪人コンラート[マールブルク]エウセビオス[サモサタ]ハルトマンフォンアウエギヨーム[オクセル]グレゴリウス[1世]カッパドキアの3教父カタリナ[シエナ]アレクサンデル2世ニコラウス(2世)ウルバヌス[2世]ハインリヒ[4世]グレゴリウス6世グレゴリウス8世アルドロバンディクレメンス3世カノッサの屈辱

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android