コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かるた(骨牌) かるた

百科事典マイペディアの解説

かるた(骨牌)【かるた】

室内遊戯具の一つ。ポルトガル語のカルタcartaからきた名称で,歌留多などとも書く。室町時代末にポルトガルより伝来したカルタ(今日のトランプとは異なる)にならって,天正かるたうんすんかるた花札などが生まれたが,これらは〈めくりかるた〉と総称される。早くから賭事(かけごと)に使われ,江戸時代にはしばしば禁制となった。一方,〈よみかるた〉といわれる歌がるたいろはかるたは,平安時代から行われた貝覆が江戸時代初期に天正かるたの影響により貝殻から紙製に変わったもので,知識を教えることを本来の目的とした。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android